2008年08月26日

韓国って…

さっき、ニュースジャパンをみていて、
オリンピックに関連して中国と韓国の間でちょっとした摩擦がおきていることを知りました。


ひとつは、非公開の開会式の様子が韓国で放映されてしまって、
中国が抗議したということ。

もうひとつは、オリンピックの開会式だか閉会式だかの中で出てきた世界地図について韓国の人たちが怒ってて、ネットとかで問題になっているということ。
その地図では、日本海になってて、韓国が主張してる東海になってなかったから…だそうです。




…韓国の人たちってすごいね。
そんなとこに気づいてネット上大問題になり、
中国に抗議とかそんなことに発展するんだから。

実際にあの海が日本海なのか東海なのか、
そういうことはおいといて、
国を挙げてそこまで熱くなる韓国の人たちって、
その愛国精神がある意味すばらしいとも思うし、
全く理解できないわ…とも思います。







posted by てん at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽と海の教室#6

太陽と海の教室、みました。


とってもかいつまむと、

ちょっと言動・行動が変わっている不思議ちゃんの前田敦子さん扮する船木真由は
実の親に捨てられ、望まれなかった存在だということにこだわり、
自分を育ててくれた両親を受け入れられずにいた。
そこで織田裕二先生が校庭に作ったバースデーケーキで誕生日を祝ってくれたことで、
自分が今の両親と出会った日=誕生日と知り、
両親の愛に気づき、向き会うことが出来た。

そんな話をメインに、履修不足の問題だとか、
学園祭のことだとか、次週へのプロローグとなる話なんかをからめてました。



今日よかったセリフは
学園祭を大々的にやるなんて自分にできるわけないと言う北乃きいちゃんに、
「順番が逆だ。出来るか出来ないかは、やりたいかやりたくないかの後に決めることだ。」
と言ってたやつかな。
私は、自分を枠にはめがちな人間なんで。


あと、船木の戯言につき合ってミステリーサークルでも作っているのかと思われた織田裕二先生、
実は校庭にバースデーケーキを描いて、ろうそくや文字をライトアップしてたってシーンもなかなかよかったぞ。
ちょっと背中かゆくなるけど。



でもさ、午後11時59分に普通の、
いや、普通より成績の良いと思われる進学校の高校生たちが
あんなに学校の校庭にいていいのか???
まともな家庭なら、子どもがいないってまず大騒ぎになるし、
気づかれないようにこっそり出てきているとしても、
教師のくせにそこはいいのか???

…というようなギモンはこのドラマを楽しむ際には
持ち出してはいけないのだった。



posted by てん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンジルについて

オリンピック最終日のことについて述べた時に(→コチラ
ワンジルについて気に入らないと言いましたが、
あの後いくつかの新聞記事をネットで読みましたので追記します。


ワンジルが更なる高みを目指して
練習環境その他もろもろの条件がいいところで走りたいのは当然だと思うんです。
ただ、その場合、自分でその意思を伝えるべきだし、
やり方があまりにも穏やかでない…。

ただ、だからといって、監督である森下広一さんに感謝していないわけでもないようで、
正直言ってこの件はわかりづらい。


そこで、ワンジル選手も自分を育ててくれたという感謝の気持ちと、
もっと強くなりたい、今のままでは物足りないという思いのはざまで
どうしても言い出せず、こういう形になってしまった…
と思っておこうと思いました。


ワンジル選手、おめでとうございます。
初マラソンから本当に強かったけど、
いきなりこんなところにのぼりつめてしまいましたね。


弟子は師匠を超えて行って、恩返しをするものなのかなぁ…。

posted by てん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。