2008年08月29日

コードブルー#9

コードブルー、みました。


さすがに本日ドラマ3本目、手短にいこう。


今回はギバちゃん扮する黒田の右腕切断と、
黒田の長年会っていなかった息子の事故の話のみで展開。



事故について、病院の事務方はえらく現場の人間を責めたてたけど、
何もしないくせに口だけだしてればいい人間は気楽に人を責めるな〜と思いました。
特に、あの弁護士、なんであんなにエラそうなわけ?



黒田の息子も、脳腫瘍が発見され、難しい手術をすることに。
奥貫薫さん扮する元妻に、腕が動かないと知りながら息子の手術をやれと迫られる黒田…。
これは、キツイ。
元妻も、子どもの命も危ない状況で、
ついついそのやりきれない気持ちをぶつけてるんでしょうが。


非常に辛い立場に立たされた白石、
これまで、彼女の存在意義が感じられなかったけど、
彼女が一番目立つのがこんな場面とは…┐(-。ー;)┌
確かに、今までプロ根性だして仕事してる場面がなかっただけに、
あのいけすかない弁護士からプロじゃなかったと言われても、
視聴者は「確かにねぇ…」って思っちゃうかも。
posted by てん at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四つの嘘#8

四つの嘘、みました。



今日のストーリーの中心は寺島しのぶさん扮するブッキの家庭崩壊、転落。
永作博美さん扮する詩文はプロポーズを受け、
高島礼子さん扮するネリはストーカーから恋心を打ち明けられて
勝地涼さん扮する英児に会いに行ったらいなくなった後だった。


夫に浮気されたことを許す気がない、
子どもたちは言うことをきかない、
自分は若い男にのめりこみ、
金ヅルにされそうなのにも気づかない。

世間知らずの主婦がいったん暴走を始めると
こんな風になってしまうんでしょうか?


島本大海さん扮する家庭教師大森に
すぐに700万円必要だといわれてるときなんて、
特に巧妙な嘘でもなんでもなく、
客観的にみたら速攻でわかる詐欺臭がプンプンしてたのに。

大森、思った以上に悪人のようですが、
だます大森よりだまされるブッキにより腹が立つのは何故?



それにしても、夏未エレナさん扮するブッキの娘ゆかり、
ひどい言い草ですよね。
母親全否定です。
切な過ぎます。
確かに口うるさい母親だっただろうけど、
(でも、娘があんなバイトしてたら、親は受け入れ難いぞ)
子どもってのは自分一人で大きくなったような顔しすぎです。




詩文は奔放に生きてきたけど、いやだからこそ、
ものごとの本質をするどくみているなかなかのタマですね。
ブッキがだまされてることも、英児とネリのことも、
詩文にはなんでも見えてます。

野際陽子さん扮するもと義母も、
彼女が母親としてちゃんと子育てしてきたことをわかって
見直しつつあるようです。
大人をなめるなと大森を一喝するところはカッコよかったです。
彼女の友情(?)は今のところブッキには全く伝わってませんが。




今日の副題は、「そして嘘は暴かれ始める」
タイトルの四つの嘘がまるでみえてこなかったのですが、
なんと、今日のをみても全くわかりません(笑)
嘘はいっぱい出てくるのだけど、どれを指して四つの嘘なのか?


嘘といえば、持ち出した200万円を愛人に手切れ金として渡した
なんてことをしらっといいましたね、ブッキ。
その嘘、まずいよね。




すっごく面白いと思ってたけど、
私的にはちょっとトーンダウンだな。
次週はなんと最終回 Σ(゚∀゚;)エッ、もう?
打ち切りなのか、もともとその予定なのかわからないけど、
中途半端にならないラスト求む!!!


posted by てん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャットストリート#1

視聴予定ではありませんでしたが、つい、みてしまいました。
そのせいで子どもらをお風呂にいれるのが遅れ、
結果、四つの嘘を最初の10分見逃してしまいました。
そして、来週も視聴決定してしまいました。
木曜はただでさえもう2つみてるのに…。


全6回のNHKのドラマです。


原作は表紙しかみたことがありませんので、
先入観なくみれていいです。


主人公の谷村美月さん扮する恵都(ケイト)は小4から7年間ひきこもり。
恵都が生瀬勝久さん扮するフリースクールの校長と出会って
フリースクールに行き、
自分の過去をばらされて飛び出してしまうところまでと、
恵都がひきこもりになった原因を丁寧に描いてありました。
以前、天才子役と呼ばれ主役を射止めたこと、
ダブルキャストで同じ役をする菜子と友達になれてうれしかったこと、
でも、初めての友達菜子にひどいことを言われたあとに舞台で何もできなくなってしまったこと、
本当は母親に頑張れ頑張れと言われるのが辛かったこと…
などなど。


恵都の子ども時代は美山加恋ちゃん、
菜子の子ども時代は鈴木理子ちゃんが演じます。


この鈴木理子ちゃん、何のドラマでみたかな、主役級だったよね…
となかなか思いだせずにいたのですが、やっと思いだしました。

以前、辺見えみりさん主演の昼ドラで、
えみりさんの子ども時代を演じてたのが鈴木理子ちゃんでした。
鈴木理子ちゃんは、2人組アイドルの冴えない方の一人で、
もう一人の人気あるほうの子は、なんと美山加恋ちゃんが演じてたんですよね〜。
ちなみに、加恋ちゃんはエンクミこと遠藤久美子さんの子ども時代でした。
そう、二人は昼ドラでアイドルユニット役で共演してたんですよ。
今回も芸能人役ですね。

話の本筋には全く関係がないけど、
思い出せてスッキリしました。



初回だったので、ストーリーが大きく動くわけでなく、
今後の展開の為の下地作りというところでしょうか。
ただ、丁寧に主人公の感情を追ってあったので、
こういう風にシッカリみせてくれるドラマならみたいなと。



家族との関係がとても切なくて、
妹の友達が遊びにきてるところにうっかりパジャマで牛乳飲みに行っちゃって、
妹には露骨にイヤな顔されてたし、
母親からはもっと妹に気をつかえ(友達の前にパジャマででるなとか)
とか言われてました。
妹は恵都を明らかに疎んじてたし、
恵都がひきこもったことをめぐって両親は喧嘩をする。



ほかに居場所がないから家にいる…



フリースクールは恵都の居場所になるでしょうか。
どんな空間を提供してくれるでしょうか。




posted by てん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。