2008年09月24日

流血

今日はユウ・ソウともに、流血の事態にあってしまいました。


ソウは役員の何人かとランチをしているときに、
もともと靴ずれのようになって皮が剥けていた箇所から、
どういうわけか急に出血!!

ちょっと血が出ただけとタカをくくっていたら、
床にも小さな血の水溜りを作っていてびっくりしました。
カットバンが1枚では足りず、貼り直すくらい血が…。


ソウの足にカットバンを貼って幼稚園にユウを迎えに行ったら、
体操クラブの最中にユウが鼻血を出したと聞き、
あわてて行ってみると、鼻を冷やしながら体操できずにすわっているユウが…
どうやら、同じクラスの男の子の頭とぶつかったらしいのです。
まあ、ソッコーで立ち直ってましたから、
なんということはなかったのだと思います。


最近はあまり血を見ることはなかったのに、
たまたま二人ともけっこう多目の出血でした。



ソウは男の子なんで、流血沙汰は少なくないかもしれませんね。
願わくば、流血させる方でないといいなと思います。
ソウのお友達といえば、Sちゃん、Mちゃんが筆頭で、
二人とも女の子。
Sちゃんはソウのことを女の子だと言っているそうです(笑)
女の子相手に、怪我をさせるようなことになったら…がく〜(落胆した顔)

お〜怖っ

posted by てん at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 子どもたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻生総理誕生

麻生さん、4度目の挑戦にして、
やっと自民党総裁=総理大臣(今のところ)の椅子をゲットしました。

一応、麻生さんとは地元が同じなんでひいきにしてきました。

前回の総裁選で、ふたを開けたら
勝ち馬に乗りたい人達が福田さんにどっと雪崩をうち、
それを苦々しくみておりました。

そして今回、勝ち馬に乗りたい人達が麻生さんに群がってるのをみると、
やはりいい気持ちはしません。

政治家って信念はどこに行っちゃうんでしょうね…


そして、いざ組閣の段になると、
自民党内からもお友達内閣だの、論功行賞内閣だの、
悪口がいっぱい出てくるわけで。
それも、麻生さんを応援した町村派あたりから…。

あんた達、自分らが担いどいて、
思ったような人事にならなかったら早速文句言うわけねバッド(下向き矢印)


確かにね、お友達内閣といえばそうなんでしょう。
論功行賞といえばそうなのかもしれません。

でもね、よくよく考えてみれば、
鳩山さんも、中川さんも、甘利さんも、
前の総裁選のときから(あるいはそれ以前から)麻生支持を明確にしてたから、
特に今回の総裁選においてだけ頑張ったわけじゃないですよね。
前回も頑張ってくれたけど、そのときは負けちゃったんだから、
今回の圧勝が彼らのおかげとも言いがたいんじゃないかしら。

もともと派閥の意向に反してでもハッキリと麻生支持の人達だから、
政治的スタンスや目指すところが同じor似ているんでしょうし、
自分の政策を実現させる為に大臣を選ぶなら、
自分に近い考えを持つ人を選ぶのって当たり前だと思うんですが。
素人考えでしょうか?


まあ、いずれにせよ、あの寂れた地元から総理大臣が出ることは
もう永遠になさそうな気がするので、
なんとなくうれしいものではあります。


あとはハッキリ言いすぎちゃう彼のよさ(だと私は思っている)が
総理の椅子を守るために引っ込んじゃうようなことに
ならないことを望みます。




posted by てん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

多忙な毎日

昨日は映画に行ったりしましたけど、
基本的には日々多忙です。

確かに去年も忙しかったです。この時期。

今年は、当然ながら、去年以上に忙しく、
夜もパートナーの副会長やほかの役員さんと電話会議などで、
寝不足続き。


ゴンゾウの最終回を観た感想とか、
じっくり書きたいと思っていたら、
日々は過ぎていくばかりです。


香里奈(字はこれで合ってる?)主演のリアルクローズもみましたよ。

posted by てん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20世紀少年

昨日は晩御飯のあと、子どもたちをダンナに任せ、
幼稚園のママ友達と映画を観に行きました。


観たのは、「20世紀少年」


一緒に行ったお友達から漫画を借りて
一気に読んでしまったものです。


ドラマではなく映画なので、
まだ見てない人も多かろうと、
ネタバレ的なものは控えようと思います。






続きを読む
posted by てん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

バザー準備が始まりました

忙しくなりました。

PTA主催の行事、バザーが近づいているせいなんですが、
こんなに大変だとは思わなかった(+。+)ってのがホンネです。


去年は頼りになるリーダーのもとで
与えられたことをやってればよかったけど、
全体を取り仕切る立場になって、


どうしてこんなに問題が発生するのむかっ(怒り)


と日々思っております。




元来、人一倍うっかりさんで気が利かない私、
絶対不向きだってわかってたのに、
こういう役職についてしまったことを、
何度も何度も後悔したけど、改めて後悔しています。
まあ、役職を決めるときには
それなりに私が引き受けなければならない理由もあったのですが。



人に任せていた仕事が失敗しそうなとき、
実際に失敗したとき、
それをあげつらっても仕方ないし、
でも反省もしてもらいたいし、
口出しすると嫌がられるし、
でも口出さないとどこまでも間違っていきそうだし。



あ〜荷が重いわ〜



posted by てん at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

魔王#10

魔王みました。



大野くん扮する成瀬領=友雄が圧倒的に優位にコトを進めてきましたが、
だんだんと状況が変わってきました。

最も憎むべき相手の一人、石坂浩二さん扮する芹沢父から
気づいてはいたけどハッキリ言われてしまいました。
「キミもまた、自分の目的のために他人を不幸にしている」と。
キミも曲がった線をまっすぐと信じているだけだ…。

強烈です。

正当防衛ではなく、事故だったと明かされ、
こともあろうに謝罪されてしまいました。
すまなかったと。


成瀬領がうろたえることがどんどん起こり、
いろんなことが破綻して行くのかもしれません。
でも、それすらも計算の内なのか。


絶対にハッピーエンドにはならないであろうこのドラマ、
悲劇の結末をしっかり見たいと思います。

posted by てん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

またダメなんじゃ…

自民党、また総裁選をすることになりましたね。


私のごひいきは麻生太郎です。


っていっても、政治信条とかいうようなものではなく、
なんというか、私の出身地は麻生太郎の地元なんで、
なんとなく一回くらいは総理になってみてほしいなんて。
それに、父から彼の若い頃の話なんかもきいて少しは親近感があるのです。
あの率直過ぎて危なっかしいお口も、
何を言ってるんだかわからない人より正直でいいじゃんって思ってる。
それと、自分がやりたいやりたいとずっと言ってきていてヤル気はハンパじゃなくありそうで、
総理なんて相当な気概がある人にしかつとまらないだろうから、
やりたい人、そして自信がある人がやるべきだと思ってるんで。
あの人、ものすご〜くやりたそうでしょ?
出ては負け、出ては負け、それでもまた出るんだから。


そんな程度と言えばそんな程度ですが、
おかげで少しは興味をもって総裁選をみるわけです。



でも、今回も総理にはなれないんじゃないかなぁ…って感じしません?



前回も、大本命と言われながら、
急に福田に大なだれをうったし。
(その割には善戦して、開票の時どよめいてましたが)

テレビで評論家だのコメンテーターだのという人たちのほとんどが総理は麻生と言ってたのに、
次の週には同じ口でみんな麻生さんについて否定的なことばっかり言いだして、
相当びっくりしましたから。
この人たち、自分の発言に対して全く責任取らないんだって思ったものです。


そして、前回がそうだっただけに、
今回も最初から本命視されてるけど結局は麻生包囲網とかいうのができて、
そもそもが弱小派閥の麻生さんは負けちゃうんじゃ…?って
そんな匂いを感じてしまうわけです。

ま、麻生さんは、派閥が弱小だけど
前回の総裁選でも派閥の意向を無視して堂々と支持を表明してくれるお仲間が相当数いて、
そこはこの人の魅力なんでしょうね。
明るくて話が面白いっていうし。


それにしても、何故か麻生太郎は地元福岡県に敵ばっかり。
古賀誠(この人は何故か嫌い)とか、山崎拓(同じく嫌い)とか。

本当のところ、麻生さんのためには、
今自民党総裁になんかならない方がいいと思うんですけどね。
即刻総理でなく、単なる自民党の総裁になってしまうかもしれないし。





総裁候補と言われる人でひとり、どうしてこの人が人気あるのって思う人がいます。

ズバリ、小池百合子さんです。


美人だから?
よくわからないな〜。



石原さんは、推薦人集めに苦労してるといいますが、
麻生さんが最初に総裁選に名乗りをあげたときも、派閥の人数は20人に満たず、
推薦人集めにも苦労してましたよね。
彼が有能かどうかはわからない(なんかビミョーな気もする)けど、
頑張って欲しいです。






posted by てん at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見逃した〜

キャットストリート、早くも見逃してしまいましいた。



すっかりわすれてましたが、それでも家にいたらみただろうな。
でも、今日はユウの幼稚園のお友達が
「どうしてもユウちゃんとご飯が食べたい」とかなり強硬に主張し、
急遽予定外にお友達宅で一緒に食事をし、
お風呂にもいれてもらったのです。

とても楽しくて子どもたちも喜びましたが、
いかんせん急なことだったので、
録画予約とか何もしてなかった…。

四つの嘘も、今日が最終回だと言うのに、
帰るのが遅くて最初の5〜10分見逃したから、
ブッキがどんな目に遭ったかわかりませんもうやだ〜(悲しい顔)
詳しくドラマをレビューしてくれるブロガーさんのとこで読もう。

それに、PTA役員系の大事な電話も入り、
四つの嘘とコードブルーは録画。
もう今夜はみるのやめとこう。


今後は、役員として忙しくなるので、
今までのようにのほほんとドラマ三昧とはいかないな〜。
録画して週末みるとか、そんな感じになるかも。





posted by てん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

ゴンゾウ#9

ゴンゾウ、みました。



それぞれのドラマがクライマックスに突入するこの時期、
残念ながらかなり関心が薄れていくドラマもでてきていますが、
ゴンゾウはどんどんきてます!!!

私の中では相当盛り上がってるのですが、
時間はないのでできるだけ簡潔にいこうと思います。



・岸さんからの情報で岡林の銃は暴発するように細工されていたことが判明
 →岡林は真犯人によって口を封じられようとしていたのではないか
 →鶴の命に別状がなかったのも、目撃証言が必要だったからではないか

・捜査情報を自分が漏らしたことを鶴は思いだした
 →テラさんといっしょに乙部に接触し、指紋ゲット

・行方不明だった飯塚早苗を見つけ出し、事情をきくことに成功した
 →早苗の置かれた状況、犯人の言葉などが3年前の杏子事件と酷似していた
 →杏子を殺した犯人はもなみ殺害犯と同一人物だと確信


こんな話でした。




黒木が精神科医に自殺なんかする気ないって言ったのに、
拳銃でロシアンやってる姿は傍からみたら完全に自殺未遂で、
黒木の心の闇を強く感じました。


が、ここにきて、黒木をあそこまで苦しめた
「この世界に愛はあるの」という杏子のセリフは、
恨み節ではなくダイイングメッセージだったことがわかります。
黒木は、3年前も別人を犯人に仕立て上げ、おそらく殺し、
死人に口ナシということでだまされたのだと知る。

この展開にはもう脱帽で、
これまで何度も、まさかこれがつながるなんてと驚いてきましたが、
1〜8話までが全て9・10話に向けた布石だったわけで、
脚本家さん、してやったりですね。

乙部が鶴に「この世界にあいはあるの」って言ってたんで、
鶴の命が心配ですよ。




犯人は乙部で決まりというところまで来ましたが、
せっかくなので、前回も言ったように(→コチラ
それはミスリード、あるいはスケープゴートであって欲しいなあ。
もしそうだったら、ワタクシ、最終回は大興奮でしょう。

いや、もちろん、そうでなくても大興奮だとは思うのですが。















posted by てん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月〜水

ちょっと忙しくなってきました。



太陽と海の教室、みました。

が、けっこうどうでもよくなってきて、
あまり気合が入らない感じでした。
もうちょっと、なんとかならないのかな〜。



シバトラ、半分くらいの意識でみました。

こっちは、さらにどうでもよくなってきて、
大事な電話がかかってきたりしたこともあって
あまり一生懸命みてないです。
今の潜入捜査は、少年刑務所ですが、
「少年刑務所に潜入する」という設定以外は、
その目的からして原作とは全く違う展開で、驚いてます。




モンスターペアレント、録画のみでまだみてません。




正義の味方、みました。

今回も楽しくみました。
ついに姉の悪魔っぷりがナオキさんにバレるという展開で、
ワクワクしちゃいました。
そのへんが面白い分、妹の恋バナの必要性がわかりません。





posted by てん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

め、めんどくさい

ソウ、半月前に3歳の誕生日を迎えました。

そして、3歳の誕生日を迎えた翌日に実家から帰ってきて以来、
急におしっこの感覚をつかんだようで、
最近ではほぼ間違いなくおしっこの前に知らせてくれるようになりました。

ウンチはまだなんですけど。



ユウのおさがりのトレーニングパンツをはかせていましたが、
(下着のお下がりってイヤだろうけど、使えるからもったいなくて)
漏らしても周りを濡らす可能性が低い分、
着脱のしやすさからいうと難がありました。


そこで、ついに薄手のフツーのパンツを購入しましたぴかぴか(新しい)



実にありがたいことに、親戚のみならず、
幼稚園のお友達もソウにお下がりをくれるので、
新品でこそないものの、ソウは衣装持ちです。
しかもけっこういいブランドのを着てたりします。
それこそ、久しぶりの新品着用です。
(下着しか新品じゃなくてごめんね。)




さて、おしっこをトイレでできるようになったら楽になると思いこんでいました。
が、しかし、ある意味今の方が手間がかかります。

そりゃそうですよね、ひとりでトイレに行かせて大丈夫になるまでは
必ず付き添わないといけないわけで。
たとえ家にいてもついていかないと、まだ狙いが定まらないトイレ初心者、
トイレの周りを汚したり、服を濡らしたりしてしまうんですから。

おしっこが出ると言われれば、たとえば会議中でもトイレにダッシュ!!
そして、かまって欲しくなったりすると、
「おしっこ出る」とガセネタをつかまされたりすることもあります。

そういうの、コロッと忘れてました。




我が子の成長はうれしいけど…


もう、めんどくさい!!!



と思ってしまうときもあるのです。それも多々。
何しろ、人一倍、いや数倍、めんどくさがりなんですから。



ちょっとジュースとかをたくさん飲んだら、
頻繁にトイレに行きたがるので、
外出先でおむつをはかせているときなんかには、
もうオムツでしていいからって気分になります。
正直なところ。

でも、本人的にはトイレですることを覚えてしまった以上、
オムツにするのは気持ち悪いだろうし、
イヤo((>ω<o))((o>ω<))oイヤ…と泣きます。


こんな母を持つと子どもも苦労するのでしょうね。


ソウ、もうちょっとの間頑張るから、
早く自分一人でできるようになってね。














posted by てん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ママとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。