2008年11月30日

NHK杯 女子フリー

1位 浅田真央ちゃん
2位 鈴木明子さん
3位 中野友加里さん

日本人、表彰台独占という結果にぴかぴか(新しい)




続きを読む
posted by てん at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/27〜28ドラマいろいろ

七瀬ふたたび

そろそろ最終回かなって思ってましたが、
まだ続くんですね。
七瀬はほかの能力者と違って特別とわかり、狙われることに。
緊迫の展開です。


小児救命

今まで突っ走るの専門だった主人公が、
ドクターの数が最初と同じに戻っても
診療時間を戻さなかったことに成長を感じました。
そして、スタッフが主人公の心を徐々に理解してくれるようになって
とてもいい雰囲気になってきました。


ギラギラ

もう、突っ込みどころ満載!!
やっぱりけっこう面白くみれてしまうんですよね。
笑っちゃうような展開も、このドラマはなんとなくOKです。
posted by てん at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流星の絆#7

流星の絆、みました。



さっき頑張って書いた記事がIEのエラーで消えてしまって、
ショック、ショックです。
ということで、簡易モードです。


続きを読む
posted by てん at 04:48| Comment(0) | TrackBack(12) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

風のガーデン#8

風のガーデン、みました。


すごくかいつまむと、

岳・ルイとはいくらか交流を持てた貞美であったが、父には会えずにいた。
貞美は、友人の医師から緊急オペの手伝いをして欲しいと言われ、
麻酔医として参加した。気力・体力の消耗は激しかったけれど。
そんなある日、理髪店のエリカが貞美の歓迎会を開いてくれた。
なんとそれは貞美の「生前葬」。
友人達が参列し、弔辞で過去の悪事(笑)がバラされ、
みんなで笑いあう。
一方、手術スタッフから貞美が富良野に帰ってきていることを聞かされた父は、ルイを問い詰め、貞美のところへ会いに行く。
貞美は寝ていたが、父は病気のことを知ってしまった…

そんな話でした。



今回、かなり良かったです。






続きを読む
posted by てん at 09:03| Comment(0) | TrackBack(4) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン代が…

以前、原油高騰の折にはしょっちゅうニュースを賑わしていたガソリン高。
ちょっとの間だけ暫定税率がなくなっていた間、
25円も安くなって嬉しいな〜と思っていました。



今、ガソリン安いですよねグッド(上向き矢印)



暫定税率が切れていた間に、128円とかだったような気がします。
最近は当時の最安値よりも安くなったな〜と思っていましたが、
アッサリ120円を切るとはね。

この辺りで一番安い近所のセルフスタンドでは、
120円をついに切ったと思った2〜3にち後には117円になり、
おとといには115円になっていました。
特に安い地域はもっと安くなっているんでしょうね。



短期間でこんなに変わるとは!!


さすがに、昔円高のときに90円を切ったような、
あんなことはないとは思うのですが。


これも、この不況の一因(いや原因?)のサブプライムの影響で
円高だから…?って思うと複雑ですが。



しがないサラリーマン家庭、しかも私に収入がない我が家。
もう、このところ1000円分ずつしか給油できませ〜ん!!
満タン給油したら、次の給油までに何円下がることか!!!

コンパクトカーなんで、1000円でもけっこう走れます。



原油高だからと値上げされたものの数々…
値下げはないんだろうな



posted by てん at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

チーム・バチスタの栄光#7

チーム・バチスタの栄光、みました。


すごくかいつまむと

「犯人は他にもいる」と逃走を続ける氷室。
病院ではバチスタチームが事情聴取を受けるが、
院長も事態の収束のため、調査を打ち切る。
グッチ〜は氷室と連絡をとることに成功し、自殺を阻止しに行くが、
時すでに遅く、氷室は地面にたたきつけられ死んでいた。
ダイイングメッセージ(のようなもの)を残して。
事件は氷室を犯人として終結させられようとしていたが、
グッチ〜と白鳥は密かに真実を追うのだった。

こんな話でした。



あれ?氷室先生殺されちゃった???
術死じゃなくて、口封じ殺人まで起きてしまい、
真っ向からサスペンスになりました。
これはちょっとした驚きです。





続きを読む
posted by てん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(13) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イノセント・ラヴ#6

イノセント・ラヴ、みました。


すごくかいつまむと、

聖花の容態が一時悪化したものの、もち直し、退院。
佳音は殉也と同じ屋根の下に暮らし、聖花の看病で協力し、
今までにない、穏やかで幸せな時間を手に入れたが、
聖花が超回復!!(もう、なんでもアリ)
今後どうなるのか…

という話でした。



今回は、佳音と殉也が関係を深めていくところが描かれ、
物語としては、聖花がベッドで起き上がるまで回復したことだけが
大きな展開でした。
ただ、これはストーリー的には本当に大きな転換点なんで、
来週以降の聖花に期待です。




佳音が聖花のために音楽家のピアノを勝手に弾くのは、
けっこうイケナイことだと思うんだけど、
今までが今までなだけに特に問題行動にも見えなくて、
全体的にまともな回でした。



続きを読む
posted by てん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(5) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

SCANDAL#6

SCANDAL、みました。



すごくかいつまむと、

理佐子が結婚式の夜に男とホテルに入ったことを久木田に告げた貴子。
そのときに、8年前の傷害事件の加害者は久木田で、
1000万円もの示談金を借金してまで払ったのは理佐子であること、
夫が理佐子にお金を貸したことを知らされる。
理佐子が貴子の家の前にあらわれたことを知った4人の女たちは、
自分達で真相を突きとめようという決意を新たにし、行動を開始した。

こんな話でした。



大筋で話が進んだのはこんなもんです。
内容はあんまり進んでないのよね…。





でも、今回もオモシロはいっぱいでした〜


続きを読む
posted by てん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(3) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOSTシーズン4 #11〜12

LOST、シーズン4の終結に向かって佳境ですね。


船の連中は、島を焼き払って皆殺しにしようとしており、
それを知ったサイードはボートで島に向かい、
コトが起きる前にみんなを船に避難させようとする。
今回は、先発隊として、サンやジン、アーロンが船にたどりついた。

迫る危険を知らないジャックは、ヘリを追って行ってしまう…。
途中でソーヤーと合流したので、二人で。
それを知ってサイードとケイトもジャックたちを追う。
ヘリに縛り付けられたフランクに聞いて危険を知ったジャックたちだが、
ベンのそばという最も危険な場所にハーリーがいる…。
助けに行こうとするのかな?

ベンたちはジェイコブの導きに従い、島を動かそうとして基地へ向かう…。
が、キーミー達が先に来ていたため、
ロックに後の行動の指示を出し、
自分は傭兵達の前に出て行く…。

島での話はこんな感じでした。


フラッシュフォワードは、オーシャニック6として帰国する前後のところ。

オーシャニック6は、
ジャック、ケイト、ハーリー、サイード、サン、アーロン。
アーロンはケイトが産んだことになっていて、
月齢の計算が絶対に合わないのに、どうしてすんなり受け入れられるのか、ギモン…?

サイードのところにはナディアが会いに来て、
再会を喜び合う。

ジャックは父の葬儀を執り行う。
そこにクレアの母親が来ていて、自分とクレアが異母兄妹だと聞かされる。

ハーリーは誕生日パーティーを開いてもらい、
(ジャック、ケイト、アーロン、サイード、ナディアも出席して、
この頃はうまくいっているように見える)
父から車をプレゼントされる…
が、車の距離表示のところを見ると、あの数字が…!!!

サンはジンの死の原因は父親にあると、
彼に復讐を宣言。



オーシャニック6の構成はわかりました。
でも、いきさつは全くわかりません。

サンがあれほど父を憎んでいるのは何故なのか?
最初はうまくいっている帰国者達は
どうして追い詰められていくのか?


気になって気になって、
来週が待てない〜






posted by てん at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

SCANDAL#5

SCANDAL、やっと昨日の夜、みました。
ゆっくりみたかったんで、なかなかみれなくて。
ドラマ、みすぎです、私。



すごくかいつまむと、

理佐子の夫が捜索願を取り下げたことで、一応事件は終わったとされ、
夫達ももう関わるなとうるさい。
が、4人はお別れ会と口実をつけて会い、次々と隠し事が語られる。
(貴子だけはだんまり)
夫達もまた、美容外科医とエリート、官僚とニート弁護士が密会、
イヤミ刑事もこの事件をうやむやにしたくないと暗躍。
そんな中、久木田が帰国し貴子と話したいと呼び出される。
が、まさにそのとき、理佐子が貴子の家の前に…

そんな話でした。




続きを読む
posted by てん at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流星の絆#6

流星の絆、見ました。



全体の事件の流れとしては、
ハヤシライスのレシピを盗んだ戸神を犯人と思い定め、
時効前に彼を犯人として警察に捕まえさせること…に向かいます。
客観的な「証拠」を、警察に「つかませる」。
自分で見つけた証拠は信じようとする…確かに!!!

また、犯人だと確信したものの、
戸神と父との接点を見つけられずにいたのですが、
父が入り浸っていた喫茶店に戸神が出前をしていたことがわかります。
どうやら、父は戸神のハヤシライスを酷評したようですね。

「これでつながった」
冷えピタ、バーン!!!

飛んでった冷えピタが柱にくっついたままなのが笑えました。
あれ、ちょうどうまく張り付くまで撮り直ししたりしたのかな(笑)?





その流れの中でいろいろ起こるわけですが、
私の夫(静奈の父)があなたの両親を殺したんですと
麻生祐未さん扮する秀子がやってきて静奈に随分と興味を示します。
そして、アリアケ3のなかで、静奈だけが血のつながらない間柄であることがバレてしまいます。
それも、兄達の口論を聞いてしまうというカタチで。
私、戸田恵梨香ちゃんの泣きの演技、好きだなあ…。
目や鼻まで赤くなっていくところがイイ。

今回、静奈は自分一人で心の整理をつけ、
いつもと変わらない兄妹に戻ったわけですが、
今まで兄妹として助け合ってきたアリアケ3の関係が
微妙に変わっていっちゃうの?

「アニキもしぃが好きなんだよ」

いつも静奈を守ることを第一に考えてきた功一と泰輔。

でも、静奈はにっくきカタキ・戸神の息子である、
ちょっとお間抜けな善人・行成にどんどん心惹かれていきます。

さて、このへんがストーリーにどう絡むのか、興味津々です。


要潤扮する戸神息子・行成は本当に素直と言うかなんと言うか、
単純だし、根っから善人なんでしょうね〜。
静奈のトモダチの名をかりた身の上話も真剣に聞いてくれるし、
彼に癒されてしまう気持ちもわかります。
「お父様だって誰かに教わったのかもしれないし…」と
静奈が探るように言うから、ドキドキしてみてたら
すかさず「感動しました」って言うから、
こっちの緊張感がいきなりほぐれます(笑)



相変わらずいろんなネタが満載でしたが、
『黒革のハンドバック』で秀子とホテルに入り、
バスローブ姿でおかしな方向にすっかりノリノリになっている泰輔は
かなりおかしかったです。
実際は正体もバレバレだったわけですが、
じゃあ麻生さんは何故バスローブ姿に(笑)

秀子は、欲しくて欲しくて、でも子どもを授からなかった…。
だから夫の子どもである静奈にこだわるんでしょうか。
それとも何か意図があるの?
気になる存在でした。




ガッツリ暗い流星の絆を期待して肩透かしをくらっていた私も、
だいぶドラマに入り込めるようになり、楽しいです。

ストーリーは大きく動き始めました。
兄妹はどうなるのか。
犯人は本当に戸神でいいのか?
違うなら、誰なのか?動機は?


それと、サギ…あなたは誰?
悲しみのキーが違いますか?1オクターブも(笑)?












posted by てん at 10:11| Comment(2) | TrackBack(14) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

風のガーデン#6

風のガーデン、みました。


今週は、白鳥貞美が娘のルイときちんと話をしました。
もっと激しい反発を受けるのかと思っていましたが、
想像よりずっと和やかな親子の会話で、少々驚きました。
娘は家族を捨てた父親を恨めしくも思い、また、会いたいとも思う…
そういうものなのでしょう。

ルイにいつまでいられるのか聞かれた貞美が、
いつまでいられるかな…、8月か9月か…と、
自分の残りの時間を数えるように言うのは
胸が締め付けられる思いでした。


また、貞美の父、拳さん扮する貞三が診ていた患者さんが亡くなるシーンでは、私自身の父のことを思いだしました。
私は父の死に際して後悔を残しているので、
こういうシーンでは必ず泣いてしまうのです。
この患者さんを看取ったご家族のように、
悔いを残さず見送れたらよかったのに。



全体に切ない、悲しい流れが多いのですが、
前半は笑えました。
ルイと岳が大天使ガブリエル(貞美)について語り合うシーン。
岳は貞美をガブと信じて疑わず、ルイはあの人は父だと知ってるわけで…。
天使かどうか疑わなかったのかと問うルイに、
間髪入れずに「無礼者」って、岳ちゃん(笑)。



次週、ついに父にばれてしまいます。
どうやら病状まで。
今後の展開が楽しみです。


posted by てん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/20 ながらドラマ

七瀬ふたたび

このドラマ、感想upしたことなかったけど、
地味に見続けてました。
割と面白いのですが、あんなにエスパーが集まるわけないって(笑)。



小児救命

いろいろと考えさせられるドラマです。
主人公が大丈夫じゃないのに大丈夫と簡単に言うところや、
自分の理想を追うあまりに背負い込みすぎるところにイラっときます。
出来ます、大丈夫です…と抱え込んでしまう人は
周囲に迷惑をかけてしまいます。
主人公も今週はガツンとやられました。



posted by てん at 03:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

チームバチスタの栄光#6

チームバチスタの栄光、みました。


すごくかいつまむと、

緊急手術をグッチ〜は止められず、患者さんの心臓は動かなかった。
白鳥は心臓を開いて原因を調べさせたが見つからず、
MRIで画像診断したところなんとかいう器具の(←いい加減)
電圧をいじって心臓にやけどをおわせていたことが判明。
それが出来たのは氷室のみ。
氷室はアッサリ自分の犯行だと認めるが、
犯人は自分だけではないと言う。
術死は続く、これからも。

そんな話でした。




続きを読む
posted by てん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(9) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

イノセント・ラヴ#5

イノセント・ラヴ、みました。


すごくかいつまむと、

殉也の前から姿を消した佳音だったが、
兄の起こした事件が世間に知れ、生活はボロボロに。
そのことを知った殉也は昴から住所をきいて佳音のもとへ行き励ます。
兄を許して欲しい佳音は、池田記者に言われるままに
以前診察を受けた心療内科医のもとを訪れ、記憶が一部戻る。
兄が両親を殺害したことを思い出しショックを受ける佳音に
両親は自分が殺した。でもそれ以上は思いだすな…と告げ、
兄は自ら警察へ。
その夜、佳音は殉也の家に泊まることになるのだが…

というような話でした。



続きを読む
posted by てん at 03:12| Comment(0) | TrackBack(8) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

LOSTシーズン4 #10〜11

LOST、今週も面白すぎて、見終わったら放心です。


今週のフラッシュバックはロック中心でしたが、
あの詐欺師の父親はでてきませんでした。
母は若くして早産でロックを産み、
ひきとってくれなかったみたいですね。
そして、子どもの頃にあの歳をとらない謎の男に会っていた!!!
そして、足が悪くなってから、あの謎の黒人男に会っていた!!!
これだけでも充分衝撃でした。
でも、小屋でジェイコブの代理としてロックに会うのは
その二人のどちらかだとばかり思っていたのに、
なんとジャックパパ!!!!
しかも、クレアが一緒にいるよ!!!!

どうなってんの〜????????


ジェイコブから教えられた島を守る方法は、
島を動かすこと…




船では、島にいる人間を皆殺しにするためにヘリで出発する準備がおこなわれており、
サイードはその目を盗んでボートで島に向かいました。
緊迫の展開です。


そうそう、島からモールス信号で船医が死んでいることが船に知らされた後に船医は首を切られてました。
予想通りですが、この時間の謎はどういう風に説明されるんでしょうね。


posted by てん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ色々

ダンナの転勤が決まり、
住むところをどのへんにするべきなのかなど、
いろいろネットで調べものをする日々です。
ドラマはみてますけどね、ながらの日も多いです。


そこで、一言感想


風のガーデン#6
私はこのドラマ好きになってきました。
特に、父と子が会っちゃうシーンは良かった。


ギラギラ
力入れずにみれるのがいい。
B級グルメ的な楽しみ方です。


流星の絆
面白くなってきました。



小児救命とSCANDALは録画で、まだみてません。
しかも、小児救命は録画にちょっと失敗して、
前半きれてると思う。
もうけっこうどうでもよくなってきたけど。




posted by てん at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ色々

週末、たくさんのスポーツニュースがありましたね。
その中で、特に気になる3点。


@東京国際女子マラソン

ノーマークだった第一生命の尾崎選手が優勝ぴかぴか(新しい)
早い段階で遅れたと思ってたのに、
終わってみればタイムもけっこういい。
年齢的には若手とは言いがたいけど、
選手としての疲労度は低めかなって思うので、
今後に期待したいです。

それにしても、渋井選手は…
「またか」と自分が一番思っているでしょうけど、
前半とばして後半失速のレースは見飽きた。
いつも同じパターンなんだから、
マラソンの素質がないか、レースの組み立てが本人に合ってないか、
練習が間違ってるかのどれか?
今回は記録もそんなに悪くないんだから、
彼女は走れるはずなのにね…。
いや、しかし、今回も優勝候補の筆頭だったんだ。彼女…。



Aフィギュアフランス杯

小塚くん、2位でファイナル出場決定exclamation×2
高橋くんは怪我、織田くんは1試合のみの出場でそもそもファイナル進出はありえない…ということで、
彼だけに期待がかかってたんだけど、
すごい成長ぶりです。
なにしろスケーティングがなめらかで素晴らしい。

浅田真央ちゃんは、同じ2位でも惨敗バッド(下向き矢印)
(2位になって惨敗に見えるところがそもそもすごすぎるけど)
ジャンプがあんなに成功しないんじゃ…。
ずっと課題のルッツの踏み切り、今年も不安を残したままのようですし、
今まで跳んでこなかったサルコウは、
一回転になったうえに転倒と散々な出来。
ショックだっただろうな〜。
みてるだけの私もショックだったもの。
でも、ジャンプ以外は鍛えてきたのがわかりましたけどね。
NHK杯は相手を見ても2位以内は難しくないから、
ファイナルには出れるでしょう。
それまでには調子を上げて欲しいです。



Bオグシオ5連覇で有終の美

オグシオの場合、ビーチバレーの浅尾美和とは違って、
人気もさることながら、実力もナンバーワンだったんですよね。
世界ランクも上のほうだし。
末綱・前田組は残念でした。
かなりの接戦だったから、チャンスはあった。
わずかに及ばなかったですね。

潮田選手がペア解消のことについて言ってましたね。
小椋選手から他の人とペアを組みたいと言われた…ということを。
ま、小椋選手にしてみれば当然ですよね。
一緒にオリンピックを目指してくれない人とペアは組めない。
潮田選手は一応現役続行とのことですが、
オリンピックを目指す気もない、
いつやめるかわからない彼女とペアを組む人は…ちょっと気の毒。



posted by てん at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

そして次の時代へ

先日、エースとして日本体操界を引っ張ってきた
冨田選手が引退を表明しました。


割とイケメンで、クールな印象。
彼にはちょっと侍のような雰囲気があるな〜と思っていました。
そして、常にキレイな演技をみせてくれた選手ですね。
好きな選手でした。


彼が表舞台から去るのは本当に残念です。
ユウもファンでしたしね。


そして、知りませんでしたが、
鹿島選手も引退を表明していたんですね。

長い手足を存分に活かしてクルクルあん馬の上で回っていた選手でした。


彼らの後には、北京オリンピックで一躍有名になった
内村くん、なんとまだ十代、他、若い選手が活躍するんですね。


ひとつの時代は終わりました。
いつか、彼らの育てた選手が世界を狙うようになる日を
楽しみに待ちたいと思います。




また、オグシオと騒がれた、
バドミントンの小椋・潮田ペアも解散ということで。

北京では少々スエマエに話題をさらわれた感はありましたが、
実力も日本で一番、しかもどっちもルックスがいいコンビで、
アイドルにまつりあげられて、いろいろと苦労もあったと思います。

正直な話、潮田選手が芸能界に色気を出してるのはどうかと思うんですが、
彼女の人生は彼女のものですからね。
成功するとは限りませんが。

やはり、本気でロンドンを目指してくれないパートナーとは
一緒にはやって行けませんよね。
新しくいい人がいるといいのですが。

ちなみに、飾りっ気は潮田選手よりありませんが、
小椋選手は美人ですね〜。
潮田選手は、記者会見の時、バッチリメイクでキラキラしてました。



posted by てん at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

チームバチスタの栄光#5

チームバチスタの栄光、みました。


途中でダンナが帰ってきて話をしたので、
あんまりよくみれなかったのですが、
手術室に置かれるバラが問題になりました。


果たしてこれは殺人予告なのか。
誰が何の目的で置いたのか。


氷室先生、怖かったですね。
急に人が変わっちゃったみたいで。
城田優さんは、ホント、思ったより演技が上手です。




来週の予告では、ついに犯人が!!ってなってたけど、
もうわかっちゃうの?
原作も読んでないし、映画もみてないんでわからないや。

いったん犯人と思われた人がいたけど、
真相は違ってたとか、そんな話なのかな?


とりあえず、来週を楽しみにしておきます。
posted by てん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。