2009年06月12日

BOSS #9

BOSS、みました。
細かいところはおいといて、
けっこう面白くみれました。



すごくかいつまむと、

子どもを虐待していた父親が連続して殺される事件がおき、
犯行の手口が衝動的なわりには、
冷静に証拠隠滅がはかられており、複数犯と思われていた。
心理学の権威で虐待などの相談に乗っていた西名@生瀬勝久が、
実は内面に2人の異なる人格を持ち、
ひとりで犯行を行っていた。

という話でした。



天海佑希さんが自分にとっても初めての事件だと言って、
生瀬勝久さんが多重人格だったのかとわかりました。
画面に映っていた弟は、彼にしか見えてなかったのか…と。

マウスが左にあったのは気になりましたが、
利き手が変わったりすることがあるとは知りませんでした。
また、足が不自由なとき(思いこみだとは!)と
そうでないときがあるとも思いもよらなかった。


それにしても、こういう犯人がわかっているドラマでは、
ゲストの俳優さんの力量が大事ですよね〜。
生瀬勝久さん、好きな役者さんですが、
さすがに良かったです。


天海佑希さんが罪は罪だ償えって言ってたけど、
これほどハッキリと病気だとわかるなら、責任能力なし…ってことで、
法的には罪に問われることはないんでしょうね。
(責任能力がないから無罪ってのは、どうなの…といつも思ってしまう)



虐待されて育った男の子は、高い確率で自分も虐待する。
虐待されて育った女の子は、高い確率で暴力夫と結婚する。
…悲しい連鎖ですね。

私なら、虐待する夫のところに子どもを残したまま
家を出たりしない!!
なにがなんでも連れて出るけどな…。


子育てをしながら、時に自分でも行きすぎていると
思うことがあります。
気をつけないと。

今日、ソウの幼稚園で講演のようなものがあって、
この感想は後で書こうと思っていますが、
子どもは親のするようにするんですよね。
虐待されて育ったら、
自分も虐待してしまうのは道理というものなのかもしれません。
やさしくされなかったら、やさしくはなれない。





次回、謹慎処分になったところからスタートですか。
来週も楽しみです。




応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。
blogram投票ボタン





posted by てん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(12) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

アイシテル〜海容〜 #9

アイシテル、みました。


すごくかいつまむと、

智也@嘉数一星の処分が決まり、児童自立支援施設に送致された。
被害者家族、被害者家族ともに、未だ苦しみながら、
どう生きていくのかを模索していた。

ってだけなんです。


・さつき@稲森いずみは、聖子@板谷由夏の手紙を道しるべに生きると語り、パートを始める。
・聖子は手紙を書いたことで、秀昭@佐野史郎とは大モメに。
・秀昭は記録を読むほどに加害者の家庭が『普通』であることを知るが、
加害者側の気持ちなどわかりたくなくてなお苦しむ。
・美帆子@川島海荷は将来の夢を初めて語り、志望校を変更した。
・さつき宛に聖子から手紙が届き、キヨタンの眠る墓地で2人はついに出会う…

と、こんなエピソードを交えて語られていました。
聖子からの手紙2通がメインの内容だったのかな…。




1通目には、智也に『ありがとう』『ごめんなさい』などと書かれていて、
いくらなんでもこんな聖人君子でいられるだろうかって疑問に思っていました。
まるで、許しちゃったのかしらってくらい。
でも、そんなはずないわけで…。

自分の子どもを殺されて、そんなに天使のように、仏のように、
マリア様のように、とにかく、
そこまでの心境になれるはずはなかった。

最後の方にとんでもなく怖いことが書かれていて
うすら寒さを覚えたのは私だけでしょうか?

いつか愛する人との間に子どもを持ってほしい、そのときにわかる…
って。
受け取りようによっては、
すさまじい恨みのこめられた恐ろしい言葉です。
幸せの絶頂で罪を悟り、一生苦しめと言っているようなものです。
こわ〜いと思ってしまったのは、深読みしすぎでしょうか?

でも、人の命を奪ってしまうことの罪深さは、
自分が親になるまで本当の意味で理解することはない。
一生をかけて心の底から反省してほしいという意味の言葉ということでしょうか。

あのときの智也にわからなかったのは当然ですね。



2通目、自分に投影して涙が出てしまいました。
自分が良い母親ではないと自覚しているだけに、
なおさらかな… (苦笑)。
自分の子が被害者になっても加害者になっても、
どこかで盗みをはたらいたり、
いじめたり、いじめられたり、
そうして壁にぶつかったら…
母親は、いつ、どこで間違ったのか、
それとも全部間違いだったのかと
自分を責め、育て方を責め、悩み苦しむものだと思うのです。



いや、しかし…。
このまますんなりと聖子が海容に向かったら、
あまりにもきれいごと過ぎると思うんですよね。
相手の立場や気持ちを頭で理解できたとしても、
それで済むはずがないのですから。

最終回、対峙した2人がどんなやりとりをするのか。
無理だろうとは思いながら、壮絶であってほしい。
そうでないと嘘っぽ過ぎる。


全編通して、深く悲しんではいたものの、
加害者に対する恨みのような部分を聖子はあまり出してこなかったので、
彼女のなかのどす黒い感情を吐き出して欲しいと期待しています。
そしてそのうえで乗り越えるところをみせて欲しい。


さつきにしても、どん底を這いずり回った感がいまひとつなくて、
いつもおキレイだったと思ってるんで、
もう一段階深い苦しみがあるのが本当かな。
そして、パート仲間に子どものことを聞かれて逃げてしまった、
今のままのさつきではない、ワンランク上のさつきになるところを
みれると嬉しいです。




応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。
blogram投票ボタン






posted by てん at 13:15| Comment(0) | TrackBack(10) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ランキング

ランキングに参加しました。


といっても、ランキングをあげるのが目的なのではなく、
自分のブログがどう成分解析されるのかに興味があったので。

まだよくわからないのですが、
ブログの内容で、自動的にカテゴリに分けられたり、
分析されたりするらしいんですよね。
どんな風になるんでしょうね〜。
((o(^-^)o))わくわく



ちなみに、みどころをこう解析されました。


暫定のみどころ解析結果です。
「ほどほどの人生」には、てんさんの「家族」と「キャミソール」と「仕事」への熱い想いが溢れています。
感情としては「苦しさ」と「カワイイという気持ち」が読み取れます。
記事数が増えるにつれ、解析結果の精度が高まります。


…だそうです。

おかしい〜(笑)。
かなり笑える。








応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン


posted by てん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着せてみた…

いちごのベアトップ(⇒コチラ)と
ダブルガーゼのキャミソール(⇒コチラ)を
ユウに着せて写真に撮ってみました。







DSCN1212.JPGDSCN1213.JPG

活躍するのは真夏だな。こりゃ。
いや、重ね着すればいいのか…。



応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン
posted by てん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白い春 #9

白い春、みました。


すごくかいつまむと、

初給料でさちへのプレゼントとして画材を買った春男@阿部ちゃん。
しかし、さちは心臓病で倒れ、手術が必要と診断された。
さちのことになると動揺丸出しの春男をさちに会わせられないと、
康史@エンケンはさちについて病院で、
春男は店を守る…と、それぞれ頑張る約束をした。
が、佳奈子@白石美帆はさちの不安な気持ちを案じ、
康史に黙って春男をさちに会わせる。
春男はプレゼントを渡してさちを励ますのだった。

と、そんな話でした。



二人そろって神頼み…
で、神社で会っちゃうシーンが面白かったです(笑)。



自分が服役している間に治っているはずだった
真理子が死んでしまったからなんでしょうが、
医師にすごんでしまう春男…。
気持ちはわかるけど、とっちらかりすぎです。
確かに病院には来てほしくないかも。こわくて(笑)。
ま、あとで謝ってましたけどね。
給料袋ごと渡して、さちを助けてほしいと懇願。
そんなことをしなくても全力を尽くしてくれると約束してもらって、
少し安心したようです。

ああやって、袖の下を受け取るお医者さんが多かったんでしょうね。
春男が服役する前は。
最近は、そういうのを受け取らなくなってきているらしいですね。


それにしても、真理子と同じ病気かもしれないと
散々さわいだ挙句、真理子とは違う病気だったんですが…
『真理子と同じ病気』って何でしょうか?
今まで病名って出てきました?
(うっかり見逃したかな〜)
気になる…。


さちの描いた色のない絵。
いつもの絵と全然違って、
自分は死んじゃうんじゃないかって思ってるのかな〜って
そういう絵でした。
あんなの見たら、会いたいなら誰にだって会わせたいと思うでしょう。
まだ小さな子が大手術に臨むのですから。
私なんか、帝王切開でも少し不安がありましたしね。


佳奈子が春男の手引きをしますが、
今回は佳奈子の気持ちもいろいろと表現されていたと思います。
さちを心配する心。
姉を責める気持ち。
春男のさちを思う心への理解。
春男とさちの間の絆のようなものへの嫉妬、あるいは不安…。


手術室に向かうさちが、
春男からもらった水彩セットを抱いて、
ぬいぐるみが取り残されたのが切なかったです。



展開は非常にスローですが、
心情を丁寧に表現してくれるので、
こういうドラマを見たかったんだと思います。



さちの治療費の支払が苦しいと言っていたので、
問題の火種が残っていますね。
前回もめたヤクザ辺りや消えた800万になどにからめて
何か重要な展開がありそうですが、
とにかくさっちゃんが良くなりますように。



応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン




posted by てん at 13:27| Comment(0) | TrackBack(10) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランチョンマット

バザーに出品するために
何を作るかを考えていて、
とりあえず持っている布地・端切れでできるようなものを…と、
ランチョンマットとコースターを作ろうと思いました。

…が、コースターは、うまく作れなくて挫折しましたバッド(下向き矢印)


DSCN1210.JPGDSCN1209.JPG
 
 子ども用のランチョンマット。
 レースを使ってラブリーに揺れるハート
 裏表で切り替えが違うように作りました。
 ユウのベアトップ(⇒コチラ)に使った
 イチゴのプリントも使ってます。
 あと、ピンクのギンガムチェックは
 ユウの上靴入れやレッスンバッグを作るのに使った残り。



売れるかな…o(;-_-;)oドキドキ♪



応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン

posted by てん at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちご模様のベアトップ

前回作ったキャミソール、
ユウも気にいってくれたみたいで、
今日学校に着て行くと言っていたのですが、
雨で気温があまり上がらないだろうし、
上着を着たらかくれちゃってつまんないので(笑)、
またにしてって着替えてもらいました。



そして、早速、昨日もう一枚ユウの服を作りました。

DSCN1208.JPG


 紺地にピンクと赤のイチゴプリントのベアトップ。
 かなり短い丈で、首の後ろで結びます。
 これも、四角く切って縫うだけだったので、
 本当にすぐにできましたよ。
 全部で2時間くらいでできたかな〜。




次に作ろうと思っているのは、
ダブルガーゼのノースリーブのチュニック。
まだ必要なものがそろってないし、
難易度が上がるので、
できあがりはまだ先になるでしょう。



応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン

posted by てん at 11:58| Comment(13) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

誇り高き中国残留孤児

夜中、お裁縫をしながら、なんとなくついていたテレビ。
中国残留孤児のことを題材にしていました。

日本人でありながら、
言葉や文化、就職難や色々な問題を抱えている方々。
そして、テレビに映っていたおじいさんに少なからぬ感動を覚えました。


わずかばかりの厚生年金(月5万円程度とか)では暮らせないので、
空き缶拾いで生計を立てている。

中国残留孤児の方は、
日本に帰国してから生活保護を受ける場合が少なくないのだけれど、
彼は絶対に受けないのです。

生活保護は、皆が納めた税金からもらうものだから
そんなことはできない。
自分は自由でいたい。普通の日本人になりたいのだと。

今も、支援金のようなものは請求しないのだそうです。
生活保護を基礎とした制度である限りもらわないと。
国家が責任を認めて賠償することを求めて
先頭に立って活動したけど、
結局は支援金をもらうことで和解になって、
しかも全員がもらえるわけではないから、
皆に申し訳ないのだそうです。


立派な人だな…と思いました。
貧しくても誇りを捨てないのですから。
それは意地なのかもしれませんが、
意地を張り通すのも大変なものです。

本当に生活保護が必要なケースは別として、
不正に生活保護を受けている人も多いと聞きます。
生活保護を受けている親が、
まともに働くのなんかバカバカしいと、
子どもにも生活保護を受けさせようと指導している場合もあるとかいう話も。

真面目に働いている国民に寄生して、それを恥ずかしいとも思わない
そういう人達にこそこの番組を見て欲しかったと思いました。



残留孤児のみなさんは、
日本人でありながら、ずっと国に見捨てられてきたんです。
外国人に手厚い政策を取るくらいなら、
こういう『国民』を大事にしてほしいと思うのですが…。


私の母も残留孤児になっていたかもしれません。
というか、当時の状況を考えると、
帰って来れたことは奇跡的だったそうです。
母が残留孤児になっていたら、私も生まれなかった…。

複雑な思いで見ました。


応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン





posted by てん at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブルガーゼのキャミソール

まだハンドメイド熱が冷め切っていない私。

レッスンバッグや上靴入れでは飽き足らず、
ユウの夏服を手作りしたいと考えていましたが、
昨日生地を買ってきて、子ども達が寝てから作業開始。
3時間〜3時間半くらいで
ダブルガーゼのキャミソールを作りました。


DSCN1207.JPG 型紙もなく、四角く切って縫うだけ。
 初めてなんで、一番簡単そうなのをチョイス。
 胸元や肩ひもにもゴムが入ってます。
 本来のデザインでは、
 胸の下のところはひもが通るはずでしたが、
 面倒そうだったので、
 シャーリングテープでギャザーをよせて
 それで良しとしました。


ごくうすいブルーのドット柄で涼しげ。
着せてみたら、案外カワイイるんるん
ダブルガーゼなんで、肌触りもイイ手(チョキ)



さあ、また次の作るぞ。




応援クリックお願いします。
blogram投票ボタン





posted by てん at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ママとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ぼくの妹 #8

ぼくの妹、みました。


今回のお話では、

・颯@長澤まさみは九鬼@千原ジュニアのもとへ。
 ⇒植木市で花を売りながら空いたときにはバイト
  有り金はたいて花畑を買った。幸せ。

・同僚の医師からある患者の写真を見せられた盟@オダギリジョーは、
 肺がんの可能性が高いと指摘。
 ⇒その患者は九鬼だった。
  颯にはそのことを告げられない盟。

・九鬼から颯を通じて受け取れないと900万円を返された盟。
 ⇒春奈@笹本玲奈に返すが、無理矢理100万円借りさせられ、
  毎月10万円の返済と利子として食事することを要求される。

・岡山で急患に遭遇し助けた盟に、診療所に来て欲しいと依頼がある。
 ⇒説得のために、看護師の英機美@西原亜希が上京。
  インパクトのあるキャラでガンガン押してくる。

と、いろんな方向にちょっとずつ展開していきました。




今回もまた全編を通じて、
オダジョーは言いたいことのほとんどを言えませんでした。
イライラします(笑)。
早く言えっっっって。
特に、九鬼の病気のこと。
一刻も早く治療した方がよくないですか?


新キャラの西原亜希ちゃんがかなりはじけてましたが、
ウザめのキャラだな〜。
盟とのロマンスとかありなんでしょうか。
とりあえず、例によって押されっぱなしの盟です。


あと、理事長の娘。
盟が断れないのをいいことに、かなり強引な手段に出ました。
利子として食事って、
彼女に食事おごったらかなりの金額でしょうね〜。
けっこうな高利貸しですよ。



今まで不幸な恋愛ばかり重ねてきた颯。
辛い人生だった九鬼。
九鬼の今までの行動や言動には納得がいかないけど、
ここまできたら2人に穏やかな幸せが訪れ、
うまくいけばいいと思っていたのに、
九鬼が難しい病気になってしまったようです。


多分…助からない。ですよね。きっと。
最後はきっとハッピーエンドだと信じているのですが、
どんな形になるのでしょうか。




応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン



posted by てん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(6) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

久しぶりのほたる

土曜日の夜、東峰村のほたるまつり(まつり名は嘘かも?)に行って来ました。

急に決まったことだったので録画の用意をしてなくて、
MR.BRAINとザ・クイズショウは見逃してしまいました。
ま、いっか。



今では合併で名前が変わってしまいましたが、父の生まれた村です。
結婚するまでは私の本籍地もそこでした。
父の命日の翌日だというのに、
お骨のあるお寺を素通りしてほたるを見に行くとは…。
ごめん。お父さん。


臨時駐車場に車をとめてシャトルバスにて棚田親水公園へ。

着いたときにはまだ明るく、ほたるなんて見えそうになかったので、
先にたこ焼きだのポテトだのを購入して腹ごしらえをしてから
川沿いを歩いてみました。


なんか、期待したほど光ってなくて、正直がっかりでしたバッド(下向き矢印)


そこで、上流の方に少し歩いてみたら、
人が近づけない辺りにはかなり多くの光が見えます。

やっぱり、やたらと人がいるところはびっくりするよね。



私が子どもの頃、父が毎年ほたるを見に連れて行ってくれました。
特にほたるまつりなんていうイベントとは関係なく、
ひっそりと。

そのころ見たほたるは、もっと多かった…ような気が。


まあ、子どもの頃の話なんで、
ちょっとした錯覚や記憶違いかもしれないんですけどね。

ススキの穂のような植物を束ねて、
ほたるが飛んでいるところで振ると、
その穂にほたるがくっつくんです。
時期的にススキであるはずはないんですが、
あの植物が何だったのかも思い出せません。


大きくなってからは家族でほたるを見に行くようなことはなくなりましたが、
社会人になってからも、車通勤でしたので、
ほたるの時期には遠回りして
父が連れて行ってくれた川沿いを走ったりしました。


ユウとソウは今日のことをどんな風に感じたでしょうか。
少しは思いだしてくれたりするといいのだけど。


応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン



posted by てん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

スマイル #8

実家で携帯から操作したら、PCで苦労して書いた長文が途中で消えてしまったので、短く書き直しています。
そのため、以前にアップしたものと違ってますがご了承ください。


スマイル、今回、かなり不愉快でした。
公共の電波を使って、特定の思想を広めようとしているように感じたからです。


今までは行き過ぎた差別表現も、あくまでも個別のストーリーだと、
作品の世界観を受け入れて来ました。


ですが、ここまで外国人差別はひどいと印象づけておいて

『在日コリアンは裁判官や検事になれない』
『在日には選挙権もない』
『日本生まれで日本人と変わらないのに外国人登録証が必要』

…って、何かの意図が働いてるとしか思えない。

これらのことは差別が原因なのではなく、
憲法や法律の問題だし、
世界的に見てもおかしいことじゃなく
ごく当たり前のことなのに。

今、まさに在日コリアンの参政権や登録証携帯のことが
政治的に問題になっている時期。

ここにきて、ドラマでこんな特定の人たちに都合のいい思想をすりこもうとするのは
いかがなものか。

ありえないことで、とても危険だと思います。


ビトたちの行動や警官隊の突入はつっ込みどころ満載で、
ある意味面白いかも(笑)。

不愉快ながら来週もみるとは思います。



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン
posted by てん at 02:26| Comment(0) | TrackBack(11) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVE GAME #7

LOVE GAME見ました。


すごくかいつまむと、

今回のゲームは若くしてクラブのママをしており、
優秀な姉に深い嫉妬心を抱いていた。
姉の夫を略奪したら1億円。
義兄を誘惑して略奪に成功し、姉をあざ笑ってやるつもりが、
離婚したい姉にまんまと利用されていたことを知り、
愕然とする。
が、姉の新しい男を奪い取るために新たな闘志を燃やす…

と、こんな話でした。



面白かったです。
姉役の滝沢沙織さんが、夫の前で妹のことをあまりにもひどく言うので、
夫に人格を疑われるんじゃ…?と思っていましたが、
それすらも計算だったのかもしれませんね。

でも、今回、略奪には成功したと思うんですけど…。

1億円、支払われてない気がします。
そこが気になる。

実際、ゲームとしては成功だとしても本人にとっては敗北だったろうし、
新たに略奪に走るみたいなので、
1億円は放棄したとみなされるのかしら…?

夫が気の毒すぎる結末です。



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン
posted by てん at 01:32| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BOSS #8

BOSS見ました。


すごくかいつまむと、

片桐@玉山鉄二はターゲットとは別人を撃ち殺し、
その全責任を負わされたことにより、
組織を信じなくなり銃が撃てなくなった。
そのときの関係者が次々と狙撃され、苦しむが、
最後にはトラウマを克服し、
犯人である誤って撃ち殺された男の恋人を逮捕するに至る。

と、こんな話でした。



なんか、もっとすごいトラウマなのかと勝手に思っていた私、
ちょっと拍子抜けでした。

いつものような心理戦などはなく、
この作品の醍醐味からはちょっと離れた話だったように思います。

面白くなかったとはいいませんが。


応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン


posted by てん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初の来客

今日(日付では昨日)、
ユウの学校のお友達とそのママと妹さんが遊びに来てくれました。

このうちに引っ越してきてから、
お友達に遊びに来てもらったのは初めてのことです。


私は片付けや掃除が苦手なうえにおもてなしベタなので、
お客さんを呼ぶのはあまり得意ではないのですが、
お友達に来てもらって子どもたちが喜んでくれるのは
うれしいものです。


子どもたちも喜んでたし、
私達もしゃべり倒しました(笑)


楽しかったです。


応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン

posted by てん at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ママとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

アイシテル〜海容〜 #8

アイシテル、みました。



すごくかいつまんで言うと、

智也は口で言いにくいことを日誌に書き、
その内容が審判で明らかにされ、
事件の真相が明らかになる。
また、さつき@稲森いずみの書いた手紙をめぐって
バラバラになっていく聖子@板谷由夏ら加害者側家族。
審判が始まったことを知り、裁判記録で事件の真相を知る。

と、そんな話でした。



相変わらず、あんまり進んでません。



審判は、智也の両親にとってはかなり辛く手厳しいものでした。
自分達の愛情不足、不足していないにしても、愛情を伝えることを怠ってきた事実を突きつけられたわけです。

私も、絶対子どもらから、特にユウから
愛情不足だと思われていると思うので、
反省して改善していかないと。


両親が子どもを愛するのは義務ではない、当然のこと。
だけど、子どもに愛していることをわからせるのは義務であると、
何かで読んで、とても共感したことを覚えています。
(きっと、このブログにも出てきたことがあるに違いない。)

口でいわなくてもわかるだろう。
そうタカをくくっていてはいけないのです。
愛情は惜しげもなく伝えないといけないんですよね。
子どものうちに。
自分が誰かに心から愛されていることをわからせないと、
自分のことも人のことも大事にできない子になってしまうでしょう。





今回、さつきには感情移入しにくかったです。

どこがっていうと、
審判で真実を知った後で、
『智也は私のために…』
とはらはら泣いていたところです。
そしてまわりも『智也は優しい子だから』って。

なんか、ちょっと違うような気がしました。
確かにさつきをかばった面があるとは思いますが、
『さつきのため』で片付けて
美談っぽく演出してしまうのは違う気がします。
違和感があるのです。

智也は、両親からの愛情に飢えていた。
そして、その心の傷を、
両親の愛情に包まれたストレートすぎるキヨタンにえぐられた。
痛いところを突かれて、感情のコントロールができなくなった。
そっちの方が本質だと思うので。



あと、智也が心を閉ざすキッカケとしての
鐘つきばあさんのエピソードがやっぱり弱すぎて、
裏づけがしっかりできてない分、
ちょっと薄っぺらい。

原作どおりだと過激すぎるため、
内容を変更したように言われていますが、
(確かに、かなりショッキングな出来事みたいですね。)
できたら、原作どおりの方がよかったな。
読んだことないけど。
原作どおりなら、智也がびしょぬれになって帰ったことに説得力があると思うんです。




なんか、いろいろ文句ばかり書いた気がしますが、
このドラマ、今クールの中では3本の指に入るお気に入りなんです(笑)。
いろいろ考えながらみているドラマです。



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン


posted by てん at 03:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨場 #8

臨場、みました。


すごくかいつまんでいうと、

15年ぶりに会った友人が翌日に変死体で発見され、
自分の言葉が彼女を自殺に追いやったと苦しむ小坂@松下由樹。
だが、倉石@内野聖陽の見立ては他殺…。
徹底的な捜査の末に結局は自殺と断定され、
倉石にとって初の黒星(見立て違い)となる。
が、小坂は友人の死の本当の理由を知り納得する。
そしてそれこそが倉石の目的だった。

とまあ、こんな話でした。



このドラマは、内野聖陽さん主演なのでみてます。
やっぱり、この人はいいわ〜。

でも、本当はゴンゾウの続編に出演している
内野さんをみたいんですけどね。
でも、あれはドラマとしてバッチリ結末をむかえたからな〜。
続編は難しいだろうな〜。




話はそれましたが、
今日の話はなかなか面白かったです。


正直、3人の女をとりこにした男が
不誠実で自分の保身しか考えないつまんないヤツだったのはがっかりでしたが、
それがかえってリアルかも。




で、話は面白かったのですが…
こんなところに引っかかってはいけないのかもしれませんが…

今回の話、一度も見立て違いをしたことがない倉石。
でも、部下のためなら簡単に見立て違いをしてみせる男でした。
小坂は救われた。
そして、そこはちょっぴり感動するところなのかもしれません。
あっさり自殺と片付けられれば、小坂はずっと苦しみ続けたでしょう。

でも…、でも…。

足を棒にして調べて調べて、
それでもどうしても他殺の証拠をつかめず、
どう考えても自殺だから、もう捜査をやめさせてくれ
と懇願した刑事さんたちは

気の毒すぎじゃないですか?



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン

posted by てん at 02:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白い春 #8

白い春、みました。



すごくかいつまむと、

テストの点数を告げ口したことをきっかけに、
さち@のぞみちゃんに絶交宣言された春男@阿部ちゃん。
仕事にもやる気を失っていたが、さちと仲直りをした後は、
りんごパンを作るのを手伝う。
そんなとき、栞@吉高由里子ちゃんが
ヤバそうな男に連れ去られたと聞いて助けに行き、
なんとか騒ぎにならずに事なきを得たが…

こんな話でした。



今回も阿部ちゃんVSエンケンのバトルが熱かった(笑)。
前回はテニスゲーム対決。
今回はりんごむき対決。
いちいち張り合う2人ですが、仲良しじゃんって言いたくなります。

実際、2人はお互いを認め合い始めた…そんな空気が流れています。

でも、春男は康史に
自分はさちをここで育てるから自分の道を見つけて欲しい
…と言われてしまう。

切ない


そして、のぞみちゃんにずっとここで働いて欲しいと言われて…

またまた切ない



そして、春男を巻き込まないように自分で解決しようとした栞でしたが、
結果的に春男をまずい状況に引き込んでしまった…みたいです。

春男が昔やくざ者だったこと、
人殺しで懲役くらったことは、
どうしても彼につきまとって離れない問題ですが、
もう許してあげてって思ってしまいます。




大したことではありませんが、
死んだ姉の夫と一緒に暮らしてるのってなんか変って思ってましたが、
白石美帆さんはエンケンのことが好きだということがハッキリしたので、
ちょっとすっきりしました。



もう8話目。
ラストはすぐですよね。
ここにきて視聴率も急上昇しているみたいです。
内容が評価されてきているのかもしれません。

一気に悲劇的な方向に流れていますが、
最後はハッピーエンドと信じて、
楽しんで行きたいと思います。



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン
posted by てん at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バザーに向けて

幼稚園のバザーに出品する手作り品の制作を始めました。

一日でとりあえずエコたわしを4個。


あと、ランチョンマットとコースターを作ろうと思ってます。
MA320553.jpg




応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン
posted by てん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

2009春スタートドラマ

しばらくネットがつながらなかった間も、
相変わらず…というより、
それまで以上にテレビっ子(いや、おばさんなんだけど)です。

熊本にいたときより、家族全員1時間以上早起きしないといけなくなり、
それに伴い、子ども達が早寝になった現在、
時間がタップリあるもので。
そして洗濯物もタップリある。
洗濯物をたたむのが大嫌いで時間がもったいないと思ってしまう私は、
ドラマタイムが洗濯物たたみタイムであるわけで。


今期のドラマで見ているのは

月等日 婚カツ!
火曜日 白い春
水曜日 臨場、アイシテル
木曜日 BOSS
金曜日 スマイル
土曜日 MR.BRAIN、ザ・クイズショウ、魔女裁判
日曜日 ぼくの妹

う〜ん、毎日びっしり (苦笑)。
さらに、NHKの朝ドラは欠かさず見てます。
TVQの昼ドラ、『ママはニューハーフ』も途中から見はじめてしまいました。
それと、うっかり前々回の大河ドラマを見てしまって、
戦国時代はやっぱり面白いので、
これからなんだかんだで見そうです。
あと、見逃しても全然悔しくないけど、
『湯けむりスナイパー』と『LOVE GAME』は時々見ます。
さらにさらに、海外ドラマをひとつ、ダンナと見ています。


アタシんちの男子は、脱落。
婚カツ!は洗濯物をたたむためになんとなく。
ザ・クイズショウと魔女裁判は、
ここまで来たら結末を見なきゃ…と仕方なく(笑)見てます。


今期、ハマって見ているのは、
『白い春』と『アイシテル』です。
どっちも、子を持つ親の気持ちを丁寧に描いてる作品ですね。


『白い春』はダンナも毎回必ず録画で見ています。
阿部ちゃんとエンケン、父親2人の演技が素晴らしくて、
とってもいいドラマです。
ストーリーの進み方はゆっくりなんですが、
何でもセリフや字幕で説明してしまうのではなく、
細やかな演出がされているように思います。

『アイシテル』の方も、ゆっくりゆっくりしか進まないのですが、
その分、丁寧に気持ちを追っているわけで。
私も人の親。
常々、自分の子が犯罪の被害者になることも怖いけど、
加害者になることも怖いと思っていたので、
本当に考えさせられます。



ユウの簡単な服を作ろうなんていう計画もあるので、
惰性で見てるドラマはあんまり内容が頭に残らなくなってしまうかもしれませんが、
やっぱりドラマはやめられない!!!


応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン



posted by てん at 00:35| Comment(2) | TrackBack(4) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。