2009年06月04日

アイシテル〜海容〜 #8

アイシテル、みました。



すごくかいつまんで言うと、

智也は口で言いにくいことを日誌に書き、
その内容が審判で明らかにされ、
事件の真相が明らかになる。
また、さつき@稲森いずみの書いた手紙をめぐって
バラバラになっていく聖子@板谷由夏ら加害者側家族。
審判が始まったことを知り、裁判記録で事件の真相を知る。

と、そんな話でした。



相変わらず、あんまり進んでません。



審判は、智也の両親にとってはかなり辛く手厳しいものでした。
自分達の愛情不足、不足していないにしても、愛情を伝えることを怠ってきた事実を突きつけられたわけです。

私も、絶対子どもらから、特にユウから
愛情不足だと思われていると思うので、
反省して改善していかないと。


両親が子どもを愛するのは義務ではない、当然のこと。
だけど、子どもに愛していることをわからせるのは義務であると、
何かで読んで、とても共感したことを覚えています。
(きっと、このブログにも出てきたことがあるに違いない。)

口でいわなくてもわかるだろう。
そうタカをくくっていてはいけないのです。
愛情は惜しげもなく伝えないといけないんですよね。
子どものうちに。
自分が誰かに心から愛されていることをわからせないと、
自分のことも人のことも大事にできない子になってしまうでしょう。





今回、さつきには感情移入しにくかったです。

どこがっていうと、
審判で真実を知った後で、
『智也は私のために…』
とはらはら泣いていたところです。
そしてまわりも『智也は優しい子だから』って。

なんか、ちょっと違うような気がしました。
確かにさつきをかばった面があるとは思いますが、
『さつきのため』で片付けて
美談っぽく演出してしまうのは違う気がします。
違和感があるのです。

智也は、両親からの愛情に飢えていた。
そして、その心の傷を、
両親の愛情に包まれたストレートすぎるキヨタンにえぐられた。
痛いところを突かれて、感情のコントロールができなくなった。
そっちの方が本質だと思うので。



あと、智也が心を閉ざすキッカケとしての
鐘つきばあさんのエピソードがやっぱり弱すぎて、
裏づけがしっかりできてない分、
ちょっと薄っぺらい。

原作どおりだと過激すぎるため、
内容を変更したように言われていますが、
(確かに、かなりショッキングな出来事みたいですね。)
できたら、原作どおりの方がよかったな。
読んだことないけど。
原作どおりなら、智也がびしょぬれになって帰ったことに説得力があると思うんです。




なんか、いろいろ文句ばかり書いた気がしますが、
このドラマ、今クールの中では3本の指に入るお気に入りなんです(笑)。
いろいろ考えながらみているドラマです。



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン


posted by てん at 03:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨場 #8

臨場、みました。


すごくかいつまんでいうと、

15年ぶりに会った友人が翌日に変死体で発見され、
自分の言葉が彼女を自殺に追いやったと苦しむ小坂@松下由樹。
だが、倉石@内野聖陽の見立ては他殺…。
徹底的な捜査の末に結局は自殺と断定され、
倉石にとって初の黒星(見立て違い)となる。
が、小坂は友人の死の本当の理由を知り納得する。
そしてそれこそが倉石の目的だった。

とまあ、こんな話でした。



このドラマは、内野聖陽さん主演なのでみてます。
やっぱり、この人はいいわ〜。

でも、本当はゴンゾウの続編に出演している
内野さんをみたいんですけどね。
でも、あれはドラマとしてバッチリ結末をむかえたからな〜。
続編は難しいだろうな〜。




話はそれましたが、
今日の話はなかなか面白かったです。


正直、3人の女をとりこにした男が
不誠実で自分の保身しか考えないつまんないヤツだったのはがっかりでしたが、
それがかえってリアルかも。




で、話は面白かったのですが…
こんなところに引っかかってはいけないのかもしれませんが…

今回の話、一度も見立て違いをしたことがない倉石。
でも、部下のためなら簡単に見立て違いをしてみせる男でした。
小坂は救われた。
そして、そこはちょっぴり感動するところなのかもしれません。
あっさり自殺と片付けられれば、小坂はずっと苦しみ続けたでしょう。

でも…、でも…。

足を棒にして調べて調べて、
それでもどうしても他殺の証拠をつかめず、
どう考えても自殺だから、もう捜査をやめさせてくれ
と懇願した刑事さんたちは

気の毒すぎじゃないですか?



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン

posted by てん at 02:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白い春 #8

白い春、みました。



すごくかいつまむと、

テストの点数を告げ口したことをきっかけに、
さち@のぞみちゃんに絶交宣言された春男@阿部ちゃん。
仕事にもやる気を失っていたが、さちと仲直りをした後は、
りんごパンを作るのを手伝う。
そんなとき、栞@吉高由里子ちゃんが
ヤバそうな男に連れ去られたと聞いて助けに行き、
なんとか騒ぎにならずに事なきを得たが…

こんな話でした。



今回も阿部ちゃんVSエンケンのバトルが熱かった(笑)。
前回はテニスゲーム対決。
今回はりんごむき対決。
いちいち張り合う2人ですが、仲良しじゃんって言いたくなります。

実際、2人はお互いを認め合い始めた…そんな空気が流れています。

でも、春男は康史に
自分はさちをここで育てるから自分の道を見つけて欲しい
…と言われてしまう。

切ない


そして、のぞみちゃんにずっとここで働いて欲しいと言われて…

またまた切ない



そして、春男を巻き込まないように自分で解決しようとした栞でしたが、
結果的に春男をまずい状況に引き込んでしまった…みたいです。

春男が昔やくざ者だったこと、
人殺しで懲役くらったことは、
どうしても彼につきまとって離れない問題ですが、
もう許してあげてって思ってしまいます。




大したことではありませんが、
死んだ姉の夫と一緒に暮らしてるのってなんか変って思ってましたが、
白石美帆さんはエンケンのことが好きだということがハッキリしたので、
ちょっとすっきりしました。



もう8話目。
ラストはすぐですよね。
ここにきて視聴率も急上昇しているみたいです。
内容が評価されてきているのかもしれません。

一気に悲劇的な方向に流れていますが、
最後はハッピーエンドと信じて、
楽しんで行きたいと思います。



応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン
posted by てん at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バザーに向けて

幼稚園のバザーに出品する手作り品の制作を始めました。

一日でとりあえずエコたわしを4個。


あと、ランチョンマットとコースターを作ろうと思ってます。
MA320553.jpg




応援クリックお願いします。
このブログの成分分析が見れます(*´∇`*)
blogram投票ボタン
posted by てん at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。