2009年06月15日

ぼくの妹 #9

ぼくの妹、ながら見しました。
(帰りが遅くなってバタバタと夕食の準備などをしていたもので。)



すごくかいつまむと、

九鬼@千原ジュニアの病気のことを盟@オダジョーに
ききにきた颯@長澤まさみは九鬼が肺がんであることを知る。
頑として治療したがらない九鬼。
そこで颯は姿を消し、岡山の看護師@西原亜希のところに転がり込む。
颯の大切さに気づいた九鬼は颯のところにかけつけ、
立てこもった颯に窓の外から病院に行くことを告げた。

と、こんな話でした。



このドラマ、視聴率はどん底だし、
評判もあまり芳しくないんですが、
私は割と好きです。


九鬼が颯を探しに来て盟に言ったこと…

自分は盟のことが嫌いだ。
盟はみんなから必要とされていて、
自分はそうなりたかったのになれなかった。

九鬼って、盟に対して逆恨みが激しくって、
いくら里子@ともさかりえが死んだからって
ちょっと異常でしたよね。
なりたくてなれなかった自分…。
全てを手に入れている(ように思える)盟。

そうか、そうか。
そう思うとあの理不尽さにもそれなりに納得できてしまったりして。


お互いに大嫌いだといいながら、
不思議とそれまでより距離が近づいた感のある盟と九鬼が良かったです。



また、行方不明になってしまった颯を見つけたのは
なんと、あの超うるさい看護師、英機美のおかげでした(笑)。
九鬼の知り合いから、颯とよく喋る岡山の看護師が一緒にいたことを聞きます。
さすが、機美。
あれだけよく喋るから、情報をバッチリ残してくれますね〜。
そのためにあんなキャラにしたのかと思っちゃいましたよ。


最後のシーンを、ロミオとジュリエットというのはどうかと思うけど(笑)、
なんとしてでも颯に話がしたい九鬼の気持ちはよくわかりました。

私も、盟と同じように、颯と九鬼を繋ぐものはよくわかりません。
でも、そういうものなんでしょうね。
説明できない何かとしか言いようのない。



九鬼を病院に受け入れるのは反対されており、
受け入れるかどうかは盟次第です。
思いがけず九鬼の命運を握らされてしまった盟。
しかし、うっかり九鬼は戸山医大に行く気になっちゃった。

来週も楽しみです。


blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。



posted by てん at 01:57| Comment(0) | TrackBack(7) | ドラマ2009春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。