2009年09月09日

恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜 最終話

恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜の最終回でした。

このドラマ、
モ、ダメ...(o_ _)/[壁]
と思って、途中で脱落気味でした。
30代も半ばのオバサンには無理ってことで。

で、惰性でテレビがついているときだけ
適当に端々みてる程度だったのですが…

ちゃんと見てなかったからよくはわからないけど、
なんとなく尻上がりによくなっていった印象がありました。

そして、今日の最終回は、
これでもかって詰め込まれた印象。
う〜ん。打ち切りだったのかな。
無理矢理1話分縮めたのかもとか思ったりして。

最後はまあ、そこに落ち着くしかないだろうというところ
(ルカは消えて、みんなの記憶も消える)に落ち着きました。
最初から予想されていた結末とはいえ、
それなりに雰囲気は出ていて、
案外良かった…かな。

枠が22時でなく、20時か、せめて21時だったら…。
誰だよ。22時にもってきたの。
お子ちゃまたちにみせなきゃダメじゃん。


と、色々文句をいってみたものの、
最終回、ちょっとだけウルってきたりなんかして。


でも…。
やっぱり、こういう非現実的な物語を
コメディ的な要素を抜きにやるのは難しいですね。
よっぽど力のある役者さんばかりならまだしも。

最初の方は、見ていられなかったですから。





blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。


posted by てん at 01:09| Comment(0) | TrackBack(14) | ドラマ2009夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救命病棟24時 #5

救命病棟24時、みました。

このドラマ、さすがに見ごたえのあるドラマで、
毎週欠かさずみてました。


今週のお話は…

山城紗江子@木村多江にからめて
子どもを持って働くということについてを、
小島楓@松嶋菜々子と末期がん患者・柏木@りりィを通じて
結婚も出産もせず仕事にかける人生とその行く末についてを
描いていました。


全く違う二つのストーリーが同時進行で、
最後まで交わらずにそれぞれの結末に至りました。
(なんか、こういうドラマあったな〜と思ったら、
コードブルーがこんな感じだった。)

ただ、女性の生き方としては
どちらに行く可能性もある(または、あった)わけですから、
全く違う話でありながら、多面体のある面と別の面のような、
そういう関係とみることもできる気もします。




小島楓が柏木をみて
独身を通し、孤独に死ぬことに言い知れぬ不安を抱いたよう。
けど、教え子たちが死を悼んで続々と集まった姿に、
彼女が充実した人生を精一杯生き、残したものを目の当たりにして
迷いがなくなったみたいですね。



山城の話のほうは、なんだか身につまされます。

子どもがいるから…と早く帰ったりすると
どうしても白い目でみられたりするんですよね。
でも、子どものことは置いといて頑張ると、
確実に家庭生活にしわ寄せがくるわけで。

自分のことですが、
私も、子どもがいるからと連日早めに帰り、
結果、仕事が回らなくなった。
そこで、今度は1歳にもならない我が子が起きる前に出社し、
帰って寝顔を見ることしかできない生活に陥り…
ギモンや迷いでいっぱいでした。

本当に、子どもがいる人には
それなりの働き方ができる環境が整うといいのですが…。
周囲の理解を得るのがなかなか難しい。

山城は、周りから理解を得られたようで、良かったです。



澤井@ユースケ・サンタマリアは、
山城が無理をしている様子をいち早く察知して
夜勤を減らす指示をしたりしてサポートしようとしてくれましたね。

それに対して、ミスした山城を厳しく叱り、
(もちろん、医療現場でのミスは許されないので仕方ないけれども)
とにかくプライベートは切り離して頑張ることのみを要求する進藤@江口洋介…。


今回のシリーズでは
とにかく自分を捨てて頑張っちゃう救命医=進藤と
疲弊しきった救命の現場を根本から変えたい医師=澤井
の対立が基本ベースになっていますが、
今日のところは澤井の方がいい仕事してましたね〜。
進藤の精神論はこの場合、何の解決にもなりませんから。

とはいえ、個人個人が大きな負担を抱えてなお頑張ることでしか
救えない患者さんがたくさんいるのが現実なわけで。

この問題は本当に難しい問題だし、
対立軸がそもそも善と悪ではないので、
このドラマでどういうところに落ち着いていくのか、
じっくり見守りたいと思います。



今日は進藤先生が主役のはずなのに全く活躍しなかったので、
その辺はちょっと物足りなかった感じですね。
やっぱり、どらまは脇役を描くにしても
主役をそこに絡めていかないとな〜。
やっぱ、事故の影響かしら。

それに比べて、ユースケ演じる澤井は大活躍。
ユースケ、すっかり役者が板についたな〜。






blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。
posted by てん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(17) | ドラマ2009夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。