2009年11月06日

不毛地帯 #4

軍人ってこんな風だったのかなぁ…ってことで、
不毛地帯みました。


交渉人と同じく、残念ながらながら見につき
簡単に感想を。


今回は壹岐正@唐沢寿明の活躍物語ではありませんでした。
結果的には貝塚@段田安則まで買収して
ラッキードの導入が決まりましたが…。


川又@ギバちゃんは情報漏えいの責任を追求され、
仕事を辞めたうえに自ら死を選ぶ。
壹岐も泥水を飲むだけ飲んで、
嵐の中の小船のようにどうしようもなかった。

結局は社長や政治家や官僚が動いて落としどころを決めて、
壹岐や川又は駒に過ぎないむなしさ…。
現実、こんな風に上は無傷あるいは軽傷なのに、
下の方は詰め腹切らされたりするんでしょうね。

会社のためとか金のためとかじゃなく、
日本を守るためにと力を尽くした人達は
ボロボロになってしまいました。



blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。

posted by てん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(11) | ドラマ2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交渉人 #3

なんかもうちょっと面白くできたはずなのに〜ってことで
交渉人、みました。

書類を作成しつつながら見だったので、
簡単に感想を…。


単純な営利目的の誘拐かと思わせて、
明らかにまともな要求をしないおかしな犯人。
犯人は誘拐された男の子の友人の父親であると見せておいて、
それだけじゃなくて実は人質が別人で、
人違いで誘拐されちゃった男の子の母親が犯行にのっかり…

と、二転三転して、素材はよかったと思うのです。
描きようによってはすごく面白くなった感じの。

でも、なんとなくアッサリしすぎというか、
もの足りない印象だったのは何故でしょうか。
よくわかんないけど、なんか惜しい。


裕福なほうの人は友達だと思ってて、
貧乏なほうはそんなこと思ったことない。
よくある流れです。まさに使い古されてる設定。

が、面白いと思ったのは、
内心ドロドロに妬んでいた2人が、
2人ともそうと知らずに関係者であったという点。

どっちかが犯行に関わってる、
あるいは2人ともグルかなって思ってましたから、
意外で良かったです。

だからこそ、なんかイマイチ活かしきれてないドラマの仕上がりに
もやもやする〜。



本当に誘拐されてた子の母親役の筒井真理子さんは
とても好きな女優さんです。
昼ドラの貞操問答での快演は良かったな〜。
もっとうまくつかってほしかった。
残念。



blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。

posted by てん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(10) | ドラマ2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。