2008年07月15日

CANGE最終回

CANGE最終回みました。
時間がないんで手短に。



このドラマ、大好きだったんだけど、最終回にはがっかりです。

終盤、グイグイ盛り上がってきてたように感じてたんですが、
キムタク扮する朝倉総理の国民向けメッセージがダラダラと長すぎる!!


まだあるの?
そんな話はどうでもいい!
結局いいたいことは何なんだ!
とイライラ絶好調でした。


もっと描いてほしいシーンは山ほどあるのに。



ドラマとしてのクライマックスが、あんなに間延びした、画面に独りしか映ってない、要点のわからないメッセージだなんて…。


一話目のラスト(だったかな)の街頭演説は、キムタクならではのなかなかいいシーンだったのに、
最終回ではキムタクの魅力を活かしきれたとは思えない。

キムタクにしゃべらせてクライマックスを迎えたいなら、もっと端的にわかりやすくしないと。
話の主題がなかなか見えてこない人の話は
現実世界でも聞いてもらえないよ。

あれなら麻生太郎に語らせた方がよっぽど面白いって思ってしまいました。
いや、マジで。



ラストが街頭演説の第一声で終わるのは良かったけど(っていうか、それしかない)、
そこに向けての話を細やかに作って欲しかったなぁ…。



好きだっただけにとても残念。
posted by てん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。