2008年08月01日

ゴンゾウ#5

ゴンゾウ、みました。


大人気を得る感じではないですけどね、
私はこのドラマ、大好きです。


5話目は、もなみ殺害の凶器となった拳銃に焦点があてられました。
もなみ殺害に使用された拳銃は、
試作品の全てが処分されたはずだったのに、
本当はまぼろしの5丁目が存在し、
左とん平さん扮する津田がタヌキとよばれるブローカーの頼みで修理していたのだった。
結局、津田の命を助けてブローカーには逃げられたゴンゾウでした。


今回、内野聖陽さん扮するゴンゾウこと黒木は
津田さんを助けようとすることで自分のトラウマに思いっきり触れてしまったようでした。
どうも、黒木には過去自分のせいで人を死なせ、
自身は自殺未遂をやらかしているようです。
人形を抱いた少女と黒木にはどんな因縁があるんでしょうか。


5話目まできて、ゴンゾウの顔つきが随分変わってきています。
内野さん、さすがです。
初回はどう考えても三枚目だったのが、
ぐっとイケメンになってきているではないですか。


このドラマは刑事ものにしては珍しく一話完結ではないのですが、
実際の事件の捜査は一話完結もののように都合よくは進まないわけで、
ガセネタつかまされたり、無駄足踏みまくったり、
そういうものだと思うので、
なかなか進まない捜査に焦れることなくじっくり楽しんで行きたいです。





相変わらずルミ子とのやりとりは面白いですね〜。

今回のツボは
エロ本なんか読んでないという黒木に
「デスクの引き出しに洋モノ4冊」
とするどく突っ込むルミ子。

前半の髭剃りのシーンもよかったな。


ルミ子とのシーンではゴンゾウっぷり全開なんですよね。
posted by てん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。