2008年08月12日

大きなショック

野口みずき選手が欠場を決めたそうです。



出るにしろ、退くにしろ、
苦渋の決断なわけで。


本人や監督、関係者の胸は張り裂けんばかりと思われます。

オリンピックのためにかけてきた日々を思うと、
欠場を決めることがどれほど辛いことだったか。

彼女のコメントをニュースで聞いて、
つい涙が出てしまいました。

マラソンで有名になる前、ハーフの女王と呼ばれるよりもっと前、
野口みずきという名前を知った頃は、
彼女がオリンピックで連覇を目指せるような選手になるとは思いませんでした。

そんな選手は、野口みずきと高橋尚子しか今までにいなかったと思うし、
それなのに二人とも二度目のオリンピックのマラソンのスタートラインには立てなかった。

誰もやったことのないマラソン連覇の夢は
今回もスタート前に散りました。







北京オリンピックに対する私の興味の
大半を占めていた女子マラソンと野口みずき。




個人的にはショックです。




これで、女子マラソンの金メダルは限りなく遠のいたと思います。
1個くらい違う色のメダルはとってくれるかもしれませんが。
posted by てん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。