2008年08月18日

ゴンゾウ#7

ゴンゾウ、やっとみました。


帰省のため、録画しているドラマをみ始めました。
オリンピックもあるし、時間がないけど、
次の回があるまでにはみないと。



ということで手短に。


今回は、3年前の話。
内野聖陽さん扮する黒木がゴンゾウになるまでを追った話でした。



とても悲しい、
とてもとても悲しい話でした。



池脇千鶴さん扮する杏子の生涯があまりにも悲しすぎて。
犯人を捕まえることを優先させて罠にはまり、
彼女を結局一人ぼっちで逝かせてしまった黒木の叫び。
犯人は薬のやりすぎで勝手に死んでいて怒りをぶつける相手もいない。
フラフラと幼い杏子の幻影について行って屋上から身を投げてしまう。

そして、備品係に。
以前、杏子が願っていた備品係に。


もう、重くて重くて…でも、とってもひきこまれました。




過去編が終わり、目を覚ましたら、捜査本部はすっかり片付けられていた。


もなみ殺害事件の捜査については全く詳細不明のまま終わり、
先週に引き続き、気になって気になって。


佐久間の話の方もかなり面白くなってきました。




ゴンゾウ、最高!!!
posted by てん at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コフレドール
Excerpt: ... なんにしても池脇千鶴の存在が大きく、この1話だけでも1本のドラマとして ...
Weblog: 池脇千鶴の秘密
Tracked: 2008-08-20 18:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。