2008年08月21日

オリンピック13日目

見た競技、心に残った選手など。




ソフトボール オーストラリア戦

最終回ツーアウトランナーなし
という場面でホームランを打たれてしまったがために延長に突入。
こういうことがあるんですね〜。
途中でもうみていられなくなってお風呂に入っちゃいました。
でも、出てきてもまだやっていて。
やっぱりみていられなくて、チャンネルかえたりして。
日本の攻撃の途中でチャンネルかえて戻して見たらハイライトをやってました。
つまり、勝ったんだな…とホッとしました。

延長戦はノーアウトランナー2塁から始まるタイブレイクで、
こんなに心臓に悪い、選手の神経をすり減らすやり方はどうかと思うんですけど。

ソフトボールって、野球と同じ感覚でみてしまうけど、
ランナー2塁で、左中間のけっこう深いところに転がったのに
ホームで余裕でアウトになってしまうなんて。
(特にランナーの足が遅かったわけじゃないよね?)
びっくりしたな〜。





男子5000m予選 松宮選手

オリンピックの舞台で靴が脱げてしまうなんて、なんという不運!!!
そういえば、前にそんなことあって「こけちゃいました」って言った人いたけど、
谷口さんの場合、マラソンだったんで、戻って靴を履きなおしましたが、
5000mではそうはいかず、
かわいそうに松宮選手は最後まで片足裸足のまま走り抜きましたよ。
足の裏、大丈夫なのかな?
故障につながったりしないといいけど。
松宮選手、世界の中ではひときわ小さくて、
時々見えなくなってました。
また、あらたなステージで頑張って欲しいです。




男子5000m 竹澤選手

そんなに絶望的にダメってほどでもなかった気もします。
でも、大学駅伝では大スターの竹澤選手でも世界に行くと予選通過もできない。
高すぎる壁が…。
陸上のトラック競技で活躍するのは、黒人選手ばかり。
体の基本が全然違うんだろうな〜。




野球 アメリカ戦

チャンネルかえたらこっちも延長戦だよ〜。
一応、トッププロばかりのはずなのに、
どうしてこんなに打てないのかな。
いや、打てない試合もあって当たり前だと思うけど、
どの試合もどの試合も打線が湿ってて、
ピッチャーがかわいそう。

そう思っていたら、野球もタイブレイクになってしまった。
ノーアウトランナー1・2塁から。
またまた心臓に悪い。
タイブレイクってルール、
時間短縮のためとはいえ、ちょっとイヤ。
負けたからなおさら。





卓球 平野選手

2セット目以外はかなり競ってたんだけど、
残念、負けてしまいました。
勝てない試合ではなかったよね。
今後に期待してます。
相手選手は、近頃めずらしいペンホルダー。
温泉の卓球場は今でもぺンが主流かな(笑)。




卓球 水谷選手

いや〜7セット目、すんごいものをみました
アナウンサーがミラクルと言ってたけど、
確かにミラクルだわ。
そのせいもあってか、途中はけっこう押されてたけど、
7セット目は圧倒的大差で逆転勝利!!!

相手のフランス選手は39歳とのこと。
水谷選手はまだ19歳だったかな、とにかく十代。
年齢、ほとんど倍だね。
それもすごいわ。









posted by てん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。