2008年10月22日

チームバチスタの栄光#2

チームバチスタの栄光、みました。


すごくかいつまむと

伊藤敦史さん扮するグッチーのマイルドな調査を一蹴し、
仲村トオルさん扮する白鳥はズバズバ、ガンガンと切り込んで、
相手の気持ちを(わざと)逆なでしていく。
そんな中、マスコミも注目する中、アフリカの少年兵士のバチスタ手術が行われ、成功。
また子どもは助かり、ますます今までの術中死の不自然さが増したと白鳥が指摘、
リスクマネジメント委員会を開き、グッチに真相を暴くように言うのだった。

そんな話。



初回はちょっとテンポが悪い気がしてどうかな…と思ってましたが、
面白かったです
話は全く進んでませんけど。
いや、ぐいぐい謎が解けちゃうとすぐ終わっちゃいますからね〜。


このドラマ、仲村トオルさんが面白いかどうかにかかっていると思います。
彼がグッチーをブンブン振り回してくれればくれるほど楽しいドラマになるんで、
大いにやって欲しいです。

それにしても、グッチ〜、
あんなに手玉に取られててちゃんと仕事できてんの?
もうちょっと冷静に人と話せないと務まんないだろうし、
彼の診察でちゃんと効果あるのか心配になってしまいました。






伊原剛志さん、好きな役者さんです。素敵です。

あと、城田優さん、医師の役はどうなんだと思ってましたが、
なんとかいけそうなきがします。
この人、本当にイケメンなんですね〜。好みかどうかは置いといて。

宮川大輔さんは、シバトラのときはぶち壊しだと思ってましたが、
こっちの方が好きです。

女性の出演者は少ないですが、
釈由美子さんも好きなほうの女優さんですし、
名取裕子さんは存在感充分。




誰かを知るにはとことん疑うかとことん信じるしかない
つまり、前者は白鳥の手法、後者はグッチーの手法ということでしょうか。
二人がお互い補完しあいながら真実に迫っていくのが楽しみです。
posted by てん at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。