2008年10月28日

スケートアメリカ 女子フリー

ゆかりん、2位おめでとうぴかぴか(新しい)


なかなか調子が上がってこなかったということですが、
現状では最高の結果だったと思うので、
賞賛の拍手を送りたいと思います。

演技の最初から最後まで柔らかな笑顔で魅せてくれましたよね。
本当に指の先まで演技バッチリ!!
美しいです。

松岡修造さんが、観客がスタンディングオベーションとしてると伝えてくれましたが、
このところ、中野選手は観客からかなり高い支持を得られているように思います。

ただし、トリプルアクセルをダブルにおさえ、
トリプル-トリプルのコンビネーションも入れられなかったので、
課題も残しました。
中野選手本人もこの2点に関して言ってましたしね。
是非とも実現して欲しいです。
見たいです!!!

今日は安藤選手もそんなに大きな失敗をしたわけではないのに
フリーで逆転できたというのは大きいと思います。

今、女子はキム・ヨナ選手と浅田真央選手が飛びぬけていて、
ちょっと差が大きすぎると思うのですが、
中野選手には常にその次を行って欲しいと思います。
安藤選手が調子良ければかなりの点数が出ますからね〜。
負けないで欲しいです。

だって、某局の朝の情報番組を見ていて、
小塚くんの優勝は当然としても、女子は安藤美姫選手のことばかり言って、
ついに「中野友加里」の名前は一言も口にされなかったのが腹立たしくて。
報道が偏りすぎてて、不愉快で悔しかったんだもん。




安藤選手は、ジャンプは最初のコンビネーションがダウングレードをとられたものの、
そこそこ跳べてたようでした。
が、スパイラルの時に明らかにバランスを崩すなど、
どうしちゃったのかなって心配するようなミスがありますね。
笑顔のゆかりん、多彩な表現のキム・ヨナさんと比べて、
「演技」という部分ではかなりものたりなくて、
表情は硬いし、滑るのに必死に見えてしまう…。
アナウンサーや解説の荒川さんが言うように調子いいとは思えませんでした。

そして、今回も4回転は封印したまま…。

精神的にも身体的にもベストの彼女が見てみたいんですが。




キム・ヨナ選手の圧勝劇でしたが、
悔しいけどやっぱりキレイです。
スタイルもすごくいいし、ジャンプの質も、表現力も、
なにもかもがいい。



そして、今日も長洲未来ちゃんは良かったです。
順位は落としましたけど、
彼女の時代がきっと来るって思いました。






posted by てん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。