2008年10月29日

庶民感覚って…

私の出身地から国会議員に選出されている麻生太郎さん、
予想通り日々マスコミにたたかれていますが、
今日のニュースで見た話はあんまりにも的外れじゃないかい?

カップめんの値段をきかれて400円とトンチンカンなことを言ったことでやっぱり庶民感覚がないなどといわれてますけど…。


あほくさ!


カップめんの値段、知らないと政治はできないのかしら?
米の値段ならまだしも。



そういうことで揚げ足をとってちまちまと攻撃して何になるのか。
極端な話だけど、カップめんの値段やスナック菓子や野菜の値段を知らなくても、
どんなに庶民の生活レベルとかけはなれた暮らしをしていても、
日本という国をうまく運営してくれさえすれば何の問題もないわけで。

大体、私も袋麺は買ったりするけど、
カップめんはあまり買わないから、
最近いくらって聞かれても答えられないよ。
もちろん、400円だとは思わないけど。


麻生さんにこの難局をのりきる手腕があるのかどうかはわからないけど、
少なくとも寝る間もないくらい働いてるはずですよね。
死ぬ気で頑張って欲しいです。



民主党もさ、本気で政権を狙ってる政党なら、
そんなくだらない質問してないで、
こんな日常時くらい日本ををよくする方向に一致協力できないのかな。

正直なところ、カップめんの値段を知らなかった麻生さんより、
こんな質問して総理を責めてる民主党の方がおかしいって思いました。




posted by てん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。