2008年11月18日

イノセント・ラヴ#5

イノセント・ラヴ、みました。


すごくかいつまむと、

殉也の前から姿を消した佳音だったが、
兄の起こした事件が世間に知れ、生活はボロボロに。
そのことを知った殉也は昴から住所をきいて佳音のもとへ行き励ます。
兄を許して欲しい佳音は、池田記者に言われるままに
以前診察を受けた心療内科医のもとを訪れ、記憶が一部戻る。
兄が両親を殺害したことを思い出しショックを受ける佳音に
両親は自分が殺した。でもそれ以上は思いだすな…と告げ、
兄は自ら警察へ。
その夜、佳音は殉也の家に泊まることになるのだが…

というような話でした。



佳音兄、今日も行動派です。
記者のパソコンのデータを消去して、警備員から逃げ出し、
今度は6年前に佳音の診察をした心療内科医のところに侵入して
(また!ちなみに、殉也も玄関で声かけたとはいえ不法侵入気味)
佳音のカルテを焼却します。
そして、以前喧嘩した同僚のところでかくまってもらいます。

もう、罪に罪を重ねてますね。


この暴走兄のことで、佳音のアパートの周りにマスコミが殺到、
当然大家さんは早く出て行けと催促。
世間の好奇の目にさらされます。

それにしても、マスコミは最低ですね。
現実にもこんな風なんでしょうが、
家族にだって生活があるのに、これではまともに暮らすことも無理です。

こんな風に、兄が妹を守ろうとする行動により、
佳音は大迷惑を受けているわけですが、
この場合、妹がどんな目に合うかはおかまいなし…というより、
そうなっても守りたい秘密があるということ。
兄にとってそれが知れるほうが怖い
マスコミが押しかけて佳音が暮らしにくくなるよりもっと。


でも、皮肉です。
池田記者に示談に応じて欲しい一心で、
佳音は池田の条件をのんで心療内科医のところに訪れ、
結果として、記憶が戻るキッカケを作ってしまったのですから。

大体、池田も仕事とはいえ酷すぎる。
どう考えても佳音や家族には重大な秘密があり、
それを暴くことはあまりにも残酷なことであるとわかるだろうに、
そうまでして人の触れられたくない部分をさらしたいのかねぇ…。
それとも、個人的にこの事件を追いたい動機があるのかな?


佳音が思いだしたこと…
誰かが佳音のふとんをはいで…(その後どうなったかはまだ)。
それと、血のついたナイフを持った兄の姿。


でも、完全にミスリードですよね?
兄が殺したというのはどう考えても真実ではない。
だって、それが真実なら、兄はやっきになって「何か」を
隠す必要はなかったはず。
何しろ、親殺しで服役してるんですから。

両親を殺したのは兄である…という結論に佳音が行きついたのは、
兄にとって結果オーライだったと思われます。
それが事実だと佳音が思ってくれたなら、
無理に逃げ回らずとも重要な秘密が守られる。だからこそ、兄は警察に出頭する気になったのでしょうから。


兄が、どうしても隠したいこと…。
もう、私は、両親を刺したのは佳音としか思えない(笑)。
それも短絡的思考すぎるって?
正直、本当のことはまだわからないんですが、
とにかく謎があるんだよ、秘密があるんだよ、
ってことをしつこくしつこく繰り返してるわけです。

さすがにそれが何なのか知りたいので、
最後までみないといけません。
ここまできて大した秘密じゃなかったら腹が立つので、
超ド級の秘密を期待します。




さて、佳音が殉也の家に泊まるという急展開を迎えたわけですが、
おいおい、いきなりご宿泊ですかい。

佳音が泊まるその夜、聖花が急変!!
どんどん心拍数(?)が下がり、ついにはゼロに!!
しかも涙を流して…
という展開に。

まさか…死んだ?


聖花も安心した…とかいうことなのかしら。




このドラマ、主人公に感情移入できなくて苦しかったのですが、
これだけ釣って釣って釣りまくってやるって感じだと、
だんだん釣られてやろうかってな感じで楽しめるようになってきました。

感想文も思いのほか長くなっちゃった(笑)。


早く来週のがみたいです。











posted by てん at 03:12| Comment(0) | TrackBack(8) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「イノセント・ラヴ」第5話
Excerpt: お兄ちゃんが暴れまくったおかげで、 マスコミ殺到! でも池田はやっぱり全然元気だったよ。 石頭らしいですから…。 ☆あんまり意味のない注意書き→このドラマに限り、あらすじ書くことを放棄して..
Weblog: fool's aspirin
Tracked: 2008-11-18 07:55

イノセント・ラヴ:第5話
Excerpt: 「よく思い出したな。でも、もうこれ以上何も思い出すな。」 アニキ、意味深な・・・。 さて、仕留めたかと思った池田が生きていて、、、ってアニキ詰めが甘いな。 その辺も含めて、...
Weblog: 日常の穴
Tracked: 2008-11-18 08:25

イノセント・ラヴ 第5話
Excerpt: う〜〜〜〜ん、佳音を襲ったのは父で、それを許せなくて兄が父親を殺した? もしそうだとしたら、何も母まで殺さなくても。。。 兄は何で引きこもりになったんだろうか? まだまだ謎が解けず。。。イライラ..
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2008-11-18 09:01

イノセントラヴ 第5話
Excerpt: 佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)の前から姿を消した。 佳音の過去を調べた美月(香椎由宇)から、黙って殉也の前から姿を消す ように警告されたからだった。 殉也は、佳音が黙って姿を消したことに困..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2008-11-18 13:42

イノセント・ラヴ 第5話 記憶の断片
Excerpt: 『救いの手』内容美月(香椎由宇)から、兄・耀司(福士誠治)のこと。。そして事件のことで、『殉也を汚さないで』、、と言われた佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)の元から去っていった。突然姿を消してしまっ..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-11-18 17:43

イノセント・ラヴ 第5話 記憶の断片
Excerpt: 『救いの手』 内容 美月(香椎由宇)から、兄・耀司(福士誠治)のこと。。そして事件のことで、 『殉也を汚さないで』、、と言われた佳音(堀北真希)は、 殉也(北川悠仁)の元から去っていった。 突然姿を..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2008-11-18 17:49

イノセント・ラヴ 第5回 感想
Excerpt: 『救いの手』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-11-18 19:43

イノセント・ラヴ(ラブ)第5話『救いの手』感想
Excerpt: いっそのこと『危険なアニキ』にタイトル変えればいいんじゃね?毎週毎週ツッコミ検定試験受けているかのような心持ちで感想書いてますよ。そして録画見て反省会(呆)レッツ不法侵入&痛恨の一撃で池田を撲殺(?)..
Weblog: メガネ男子は別腹☆楽天
Tracked: 2008-11-18 22:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。