2009年03月13日

お別れの日

さて、嬉しい日であるのと同時に、
この日を最後にもう(“二度と”とは言わないけど)会えなくなる人もいるわけで。


卒園に関する2本目のエントリは別れをテーマにします。



慣れ親しんだ幼稚園や担任の先生、仲良くしていたお友達と
さようならすることはわかっているようなのに、
全く泣く様子がないユウ。

他の子たちも、とにかく泣いてる子は少ない。


でも、親はそうはいかない。
私はお互い遠くに引っ越してそうそうは会えなくなるお友達との別れがやはり辛く、
泣いてしまいましたよ。

別れにとらわれ、引きずってしまうのは親だけなのかと思っていたら…


夜のカラオケどんちゃん騒ぎを終え、
家に帰ってから、お友達のMちゃんのママからメールが。

カラオケから帰る車の中で、
もう会えないの?とMちゃんが泣き出したのだそうです。
「悲しいという感情が芽生えたことは素晴らしい成長だね」と。

そうだなぁ…としみじみ思っていたら、
おもむろにユウも泣きだしました。
お友達と離れることを悲しんで。

そして、私も一緒に泣きました。

別れるのが辛いお友達がいるのは幸せなことだよ…と。

みんな大好き.JPG




ソウだけまったくわけがわからず、
うつ伏せで泣いているユウを見て、
「ユウちゃん寝てるの?」って言ってました。

ソウにだって、たくさん喧嘩しながらも
ずっと仲良くして来たお友達がいるのですが、
まだ別れを理解し、悲しむまでの成長には至っていないので、
彼が別れの辛さを経験するのはまだまだ先のようです。

おともだち.JPG


「Sちゃんだいすき」っていつも言ってたのに。

関西に行っちゃうSちゃん。
明日(日付は今日)空港にダッシュでお見送りに行って、
きっと親達は号泣すると思いますが、
ソウもSちゃんもきょと〜んなんだろうな。








posted by てん at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ママとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユウちゃん卒園おめでとう。
そして、いよいよ熊本ともお別れだねえ・・・

私も、子供が生まれてから三回引越ししたけど、
やっぱり、幼稚園のときの引越しが辛かった。

親も子も一緒に仲良く付き合うのって、
幼稚園くらいじゃない?

子供が成長するにしたがって、
親は親、子供は子供の世界ができてくる。
それも寂しいけどねー。

ところで、引越しはいつなのかしら。
ソウくんは幼稚園決まったのかな?
Posted by chako at 2009年03月14日 21:44
chako、(* ^ー゚)ノコンニチハ

そうらしいね〜。
小学校に行くと、そういう付き合いじゃないってよく聞くよ。
幼稚園児はまだ親がついて遊ばないといけないしね。
すごく蜜にお付き合いしました。

ユウには小学校にいってもたくましく頑張ってほしいよ。

ソウの幼稚園、いまだにハッキリは決めてないんだよね。
近くの幼稚園は、なんかお金のほうもかかりそうだし、
ユウの幼稚園が自由すぎたせいもあるけど、
なんか管理がゆきとどきすぎてる感じがして、
イマイチ気に入らないんだよ。

迷うな〜。

そうそう、引越は20日よ。
Posted by てん@管理人 at 2009年03月15日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。