2009年06月12日

講演の感想

一つ前のエントリでも触れましたが、
今日はソウの幼稚園で講演がありました。


『SIあそび』のねらいや方法などの説明だと思っていたのですが、
話のほとんどは育児論でした。

こういう話を聞いたり、本を読んだりして必ず思うのは…

自分は子どもたちをおこりすぎだな〜ってこと。
そして、自分の勝手な都合を押し付けすぎだなってこと。


もう、話を聞けば聞くほど、
ダメなことばっかりやってる (苦笑)。



叱り方についての話では

@腹を立てて怒っては意味がない⇒自分の感情で怒りまくり
A怒られる身になって怒る⇒自分の感情で怒りまくり
B誰もいないところで叱る⇒周囲の人の目が気になるのでアピールで叱ることも
Cくどくど言わない⇒私、めちゃくちゃしつこく言ってる
D叱っていけないときがある。例えば食事中・入浴中・登園前・就寝前
⇒やってます。やってます。
こぼすな、ムダに水を出すな、早く準備しろ、早く寝ろ

もう、目も当てられないくらい。
私の日常を見られてて、私のことを言われてるかと思うくらい。


反省はするんですけどね〜。
今日言われたことを肝に銘じて、
よりよい子育てが出来るように頑張ります。

いつまでこの気持ちが持続できるかしら…。

でも、母親の方ならみなさんジレンマがある部分があると思うんですよ。
Bの件。
例えば…
自分の子どもが誰かのものを取り上げたとか叩いたとか言うとき。
公共の場所で走りまわったりするとき。
そういうとき、人目が気になって、
私叱ってますよと、なんか強めになってしまいませんか?
ここのところ、難しいですね〜。

みなさん、どうしてますか?




今日聞いた話で特に役立つと思った話を2つご紹介します。

ひとつめ

6歳までは見通しを持つ能力はない。
6歳までは相手の立場で物事を考えられない。


例えば、バスの時間が○○時だから、
今こんなことを始めたら間に合わない…
とかいう見通しは立てられない。

また、誰かをつねった子をつねってみて、
ほら痛かったでしょう?××ちゃんも痛かったのよ…
なんてこと通じない。

そうなのか!!

そうと知ってみたら、いろいろとムダなことをしていました。

ソウは感情的になってよく叩いたりしてたんで、
××ちゃんは痛いんだよ、ソウも同じことされたらイヤでしょう?
とさんざん言ってきましたよ。
そして、言っても言ってもなかなかなおらない。
どうして?って悩んだりもしました。

そうか。
わからないんだ。
わからないことは、何度言われてもわからないですよね。
でも、ママが怒るから、よくわからないけどとりあえず
わかった。ごめんなさい。って言ってただけなんでしょう。

言ってもそれはわからないことと知った今なら、
また違う対応ができると思います。





ふたつめ

きょうだい喧嘩はスポーツである。
だから、ハイ喧嘩は終わりと、試合終了を宣告すればよい。


なるほどね〜。

喧嘩したら、負けた方が何か言ってくる。
その言い分をきいて。
そして、相手側のいい分もきいて。
そうか、どっちも悪かったねと言って、
ハイ、終わり。握手〜と。
2人とも大好き〜と抱きしめてやればいいと。

そしてこうも言っていました。

きょうだい喧嘩は一人の女をめぐる三角関係。
えこひいきしたらジェラシーが生じる。
母親は裁判官になってはいけない。

う〜ん。
どっちかが悪いとかいいとか、
そういうことを言ってはいけないということですね。

勉強になりました。



もちろん、どんな話もケースバイケース。
必ず全てのこどもにあてはまるということはないわけですが。
自分がいいと思ったことだけを参考にしていきたいと思います。




最後に先生の本を買っちゃった(笑)。
ま、いっか。



blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。






posted by てん at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ママとして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどねえ〜
兄弟げんかはスポーツ、そう割り切ってしまえばラクなのかなあ。
今ホント、何をやっててもけんかが多くて、すぐにどっちかが泣いて、とても悲しい。
くだらないことなのに、お互いの主張がぶつかりあって、どんどんエスカレートして汚い言葉が出てくる。
食事中、目の前でそういうことがいつもあるから、悩みの種だったの。
でも、難しいなあ、割り切るの・・・

育児って、考えることばっかりだねえ。
Posted by chako at 2009年06月13日 22:29
chako、(* ^ー゚)ノコンニチハ

兄弟げんかはスポーツだっていうのは、
私にも新しい視点だったよ。

うちもさ、いちいち大騒ぎで、
どっちが悪いとか悪くないとかでもめたりしてたけど、
どっちの味方も、どっちが悪いかも決めないことと、
試合終了を宣言することに徹しようと思ったよ。

年齢が上がってくると、
使う言葉が悪くなってきて悩みの種だよね。

私は、キモイとかウザイとかいうのが大嫌い。
いつもユウに(ソウはまだそんなこと言わないし)
ママはそんな言葉大嫌いだよって言ってるよ。
Posted by てん@管理人 at 2009年06月14日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。