2009年09月08日

世界バレーと世界陸上と世界柔道

さて、ネットからしばらく離れていたあいだに
スポーツの世界大会がたてつづけにありました。


バレー

新監督の真鍋さんは、現役時代にけっこうファンだったんです。
一度、博多のホテルでお見かけしたこともあるんですよね。
彼が女子の監督だなんて、なんか妙な感じ。
時の流れを感じます。
男子の植田監督と真鍋監督はチームメイトでしたね。確か。

監督のことばかり書いてしまいましたが…

日本女子、背が高くなりましたね。
以前は、180センチ台の人はそんなにいなかったのに、
今ではセッターとリベロ以外は180センチ超…
って感じになってきてるんですね。

なのに…

日本人の背が高くなったら、
何故か世界はさらに伸びてる〜ふらふら

もともと、バレーは好きなんで、
大会を通じて楽しく見ることができました。

が、世界のトップクラスには善戦はできても
なかなか勝たせてはもらえない。

厳しいです。



陸上

いや〜期待してなかったけど、
女子マラソンの尾崎選手が銀メダルでしたぴかぴか(新しい)
率直にうれしかったです。

が、ラドクリフやヌデレバのいない大会だったし、
全体にもう少し順位が上であって欲しかったのは事実です。

そして、高橋尚子、野口みずきに匹敵する選手は育ってないことは
ハッキリとわかりました。

野口選手もピークを過ぎたことは間違いないでしょうし、
これほどの人材はなかなかあらわれないでしょうね。


そうそう、やり投げで銅メダル!!
感動しました。



柔道

日本女子の活躍はすごかった。
今後も楽しみですね。

特に上野順恵は圧倒的に強かった。

終わったスポーツのことをわざわざ書こうと思ったのも、
上野順恵選手の強さがあまりに衝撃的だったからです。

こんなに強い選手は見たことがないかもしれません
全盛期の谷亮子選手ぐらいかと思いましたが、
それ以上の勝ちっぷりだったように私には見えました。


これほどの人がどうしてオリンピックに出られなかったのか…

同じ階級に谷本歩実選手がいるからです。

谷本歩実選手といえば、
オリンピックで連続の金メダル。

う〜ん、層が厚すぎます。


女子の代表選手はみんなよく頑張ったと思います。


男子は…
不甲斐なかったですねバッド(下向き矢印)

勝負は結果が全てです。

大好きな内柴選手も負けてしまいました。

男子、奮起してね。


それにしても…
篠原監督、デカイなあ。



blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。

posted by てん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127545112

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。