2009年10月30日

アンタッチャブル #3

一度でいいから、降って来るお札にまみれてみたい〜
ってことでアンタッチャブル、みました。



すごくかいつまむと、

カリスマ美容外科医桂木ミチル@高橋ひとみの特別秘密会員名簿が流出。
名なしの権兵衛に名簿を渡し、桂木の裏金をばら撒き、
匿名で警察に不祥事の告発までしていたのは
桂木の医療ミスで引退・別人として生きながら憎悪をつのらせていた
安奈ツボミ@小野真弓の仕業だった。
遼子@仲間由紀恵らの活躍で桂木の不祥事をもみ消した
政治家岸川@六平直政も失脚。
しかし真相は…安奈ツボミは組織の手先だった。

そんな話でした。




名簿流出で一番困る人を考えていたときに
遼子が「私、わかっちゃいました」って言って
政治家の岸川だったのは、簡単すぎて何だかな〜と
拍子抜けではありましたが、
ありがちな事件ものも好きなんです。

真相を暴いたつもりが、
実際は岸川を失脚させたい組織の思惑によって動かされていた
ってとこが、オーソドックスながらいいと思いました。


後は、背後の組織の話がどんな風に膨らむかです。

今のところ、それぞれの事件に関わりは見えませんが、
もちろん最後には一本につながるはずなんで
それを楽しみに観つづける予定です。



遼子の記事を自分の署名入りで雑誌に載せた美鈴@芦名星が家に帰ると
とんでもないことになってました。
部屋が虹色に染められて、数々の脅し文句。
怖いわ〜。

「組織」っていうのは、よほどの力を持ってるみたいですし、
虹の羽根をつけて子どもたちが募金を集めてたのをみて
背筋が寒くなりましたよ。

一見、慈善活動をしているように見えちゃったりするんでしょうね。
そういう闇の組織って。


ビックリしたのは、ツボミ役の小野真弓さん。
整形失敗後のあの顔はメイクなんでしょうか?
公式HPには、ツボミ役は小野真弓さんの名前だけですから、
ご本人であるのは間違いないですよね。
う〜ん。すごい。
どう考えても別人。
整形失敗後の顔をみて、よくアイドルだったツボミだって気づいたな。


妹のサクラ役の多岐川華子さんは、
お昼のドラマでみたときから少し気になる女優さん。
演技は正直言ってまだまだだと思うんですけど、
印象に残る人でした。
ときどきめざましテレビのもっとイマドキのコーナーに出てますね。
多岐川裕美さんの娘さんだってつい最近知りました。





blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。


posted by てん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(5) | ドラマ2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子 第3話 美容整形医の疑惑
Excerpt: 『美容整形リストに絡む罠』『整形美女は二度死ぬ…空に舞う一億の罠』内容タレントの安奈サクラ(多岐川華子)の整形疑惑がネットに流れていた。樫村編集長(田中哲司)にその真実を追えと命じられた、遼子(仲間由..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-10-30 22:44

ギネ
Excerpt: 藤原紀香 産科医を「演じることが楽しいです」 ‎20 時...
Weblog: じゅりの出来事
Tracked: 2009-10-31 13:22

アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜 第3話
Excerpt: 遼子(仲間由紀恵)は「整形疑惑タレントの真実を追え」というネタを任されるが、 全くやる気が出ない。 そんな彼女の前に、無数の一万円札が降って来る。 必死に拾いつつも「危ない金」だと直感した遼子は..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2009-10-31 15:19

ギネ 主題歌
Excerpt: ギネ 産婦人科の女たちの感想 3話 ... どんだけ働いて無いんだよ」って 言いたくなりました。 37V型液晶テレビ 三菱電機 LCD-37F4500WXが89,800円 無料で遊べるメダルゲームセ..
Weblog: チョイ悪オヤジのニュース速報
Tracked: 2009-10-31 21:51

アンタッチャブル・第3話
Excerpt: 整形疑惑芸能人の真相を追っていた遼子(仲間由紀恵)と鷹藤(佐
Weblog: 山吹色きなこ庵・きままにコラム
Tracked: 2009-10-31 22:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。