2009年11月05日

ギネ〜産婦人科の女たち〜 #4

なんかどっと疲れた…ってことで、
ギネ、みました。


すごくかいつまむと、

前回、尋常じゃない大出血で手術をした徳本美和子@西田尚美。
また血腫ができ、三度目の手術をするかどうかで
柊@藤原紀香と君島@松下由樹が対立。
開腹せず様子をみているうちに、原因不明のまま容体が急変!!
必死の蘇生措置もむなしく亡くなってしまう。
美和子の死をきっかけに、柊に異変が…

そんな話でした。





先週までとはうってかわって、
ひとりの患者さんとその家族にのみ
スポットライトがあたった今週。

ドラマとしては、この方がいいなって思います。




私は母親なんで…。
医師たちよりも、母親に感情移入してしまいます。

あんなに大好きな夫、かわいい娘、
そして生れたばかりの赤ん坊を残して逝かねばならない無念。
死んでも死に切れない思いだろうなと。

そして、父を亡くし、そのときの事を後悔している娘として、
残された家族目線でも感情移入

赤ちゃんの退院と妻の遺体が病院を出るのが同時だったシーン、
自宅でミルクを作ったりオムツを探すシーン、
妻の遺体と娘と赤ちゃんが同じ部屋に寝ているのを眺めるシーン…。
そういうところにいちいち感情的に反応してしまうのです。

ゆっくり悲しんでいる暇もない夫@八嶋智人の姿が悲しく、
夜中になってやっと妻のそばで泣くことができたときには
私も泣けてきちゃいましたよ。




反面、医師側には感情移入はできないし
普通じゃない柊が怖かった

自分命と引きかえに母親を亡くした過去を持つ柊にとっては
受け入れがたい結果だったとは思うけど、
正直なところ、柊の感情が今まで描かれていないので、
柊の言動・行動の異常性だけが際立ってしまって、
主人公の目線でドラマがみれない
(母親としての柊もどうかと思うし…。)

柊は何か薬を飲んでいるような表現がありましたし、
単に無愛想だとかこだわりがあるとかいうレベルではない、
かなりの問題を抱えているようです。


一般の感覚に近いのは玉木@上地雄輔かな。
新人だから医者に染まってない感じだし。

面白かったのは、新人なのに妙にドライな嶋@本仮屋ユイカちゃん。
母体死亡のケースを早く体験できてラッキーだった、
徳本さんの死をムダにしないでおこう…とサラリと言うくせに、
病院から出棺するときには涙を流してみせる心理。
興味深いです。
(本仮屋ユイカちゃんは好きな女優さんですが、
なんか目に違和感…。メイクのせいか、いじったか?余談ですが。)






母体死亡は10万件のうち7件なのだそうです。
そんなに母体の方は死なないのか!!
ビックリです。

舞台は大学病院なので、
ハイリスクの妊婦さんが普通の産婦人科より圧倒的に多いはずです。
それでも、10年も母体死亡がなかったのだそうで。
お産は命がけと言いますが、
母体はかなりの確立で助かるということです。
ドラマの中で本仮屋ユイカちゃんが言ってましたが、
危ないときは赤ちゃんをあきらめて母体を助けますからね。
ちょっと、複雑です。



次週、美和子の死が波紋を呼びそうです。

私が気になったのは、説明が不足しすぎな点。
原因がわからないのに薬のせいだと言い切った点。

本人に対して、原因がわからないけどまた血腫があるとは
言えないかもしれない。
不安にさせるのもよくないだろうし。
でも、家族にはちゃんと説明したのかな?





blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。
posted by てん at 01:16| Comment(0) | TrackBack(3) | ドラマ2009秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ギネ 産婦人科の女たち第4話
Excerpt: 「ギネ 産婦人科の女たち」(第4話)を観ました。出演:藤原紀香、上地雄輔、松下由樹奈智(藤原紀香)らは、美和子(西田尚美)の出血の原因を突き止められずにいた。一方、生まれたばかりの長男の世話で忙しい慎..
Weblog: paseriのブログ
Tracked: 2009-11-05 06:42

ギネ 産婦人科の女たち 第4話 急変
Excerpt: 『母体急変』内容美和子(西田尚美)が謎の出血!君島(松下由樹)奈智(藤原紀香)藤木(近藤芳正)らは、議論するが不明。その様子を見て同室の佐藤(西尾まり)は、不安を玉木(上地雄輔)に伝える。美和子がそん..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-11-05 17:32

日本テレビ「ギネ 〜産婦人科の女たち」第4話:母体急変
Excerpt: 美和子のことを思うなら、柊は、なぜ主治医として美和子の亡骸を見送ろうとしないのか。遺族に声を掛けてやらないのか。その気持ちに着いていけませんでした。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2009-11-05 17:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。