2006年10月11日

税理士を目指すママ達のスケジュールは?

本日のご訪問ありがとうございます。
管理人てん、ここ数日サボっていたのでスケジュールに遅れをきたしています。
というわけで、日付をこえて本日3本目の講義(!)の視聴に入る前の
気分転換を兼ねたブログタイム。

1日3回受講するのはきついのですが、
勉強時間はいつでも確保できるわけではないので、
少々無理してでも自分で立てた予定に追いついておかないと
後がコワイ…。
これでWEB受講は予定にかろうじて追いつきます。
宿題や復習は明日の受講にプラスして消化するつもり。


ちくりんママさんのご提案を受けて、
現在のスケジュール目標を続きにてご紹介。


私の場合、簿財の2科目を勉強しているので、
通学生のスケジュールからいうと、
週に4日授業を受けて、残りの3日で復習やアウトプットをする
…というものになると思います。

ところが、受講スタートが1週間程度遅れたため、
そのスケジュールではずっと遅れてしまうことになります。

そこで、現在のところ、
WEB受講2日、復習・アウトプット1日の3日ワンセットの繰り返しで
まわしていくことを目標にしています。
そして、そのためには出来るだけWEBで講義を視聴したその日に
宿題をこなしておかないといけないと思っています。


これだと一週間に1日遅れを取り戻せます。
そうすれば11月上旬くらいに教室受講生に追いつく予定です。

もちろん、通学生に追いついたら、あるいは少しでも追い越したら、
週に1日アウトプットの日を増やすつもりです。


正直、主婦にとってこのスケジュールはハード極まりない
必ず、何かの事情で出来ない日があったりすると思います。
そんなときはそんなとき。
通学生に追いつくのが11月上旬でなく、
下旬になったり年内いっぱいかかったりするかもしれなくても、
必ずどこかで取り戻すようにしようと思っています。
たまってきたら実家に帰るとかね(笑)

そして、私という人間の試験対策としては答練期が最も重要です。
その時期にいかに多くの問題をこなし、自分のものにしていくかが勝負
その時期には何か裏技(といっても実家くらいしかない?)を使って
時間を確保した〜い。



この日程をこなすには
1日のスケジュールの組み方が重要…。

これに関してはよ〜く考えて、
次回エントリします。

posted by てん at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速のトラバありがと〜♪
誰ものってくなかったらどうしよ〜!なんて思っていたのでうれしかったです♪

てんさんのすごく綿密な計画参考になりました!しかも気合が伝わってきます!!
かなりハードだけどきちきちっと計画を立てていくと出来そうですよね!
1日のスケジュールも楽しみにしていますので!
Posted by ちくりんママ at 2006年10月11日 10:28
さっそくアップされてますね〜
私もじっくり考えて無駄のない一日を過ごさないと。主婦って突拍子もない出来事に見舞われるので(子供の病気・イベントなど)
遅れを取り戻すのに一苦労。しかも、年とった分体力に限界ありです。
頑張って一年後余裕をもって試験を終えたいですね
Posted by なっつ at 2006年10月11日 23:48
こんにちは!

まだ実家でしょうか。実家であれば、親に子どもを預けてファミレスなどへ行かれては?O原簿記の福岡校の自習室へ行くとか。

もし、ナマ講義を受けたことがないようでしたら一度、ナマ講義に出席してみては?
周囲に頑張っている人がいることを目の当たりにすると一層、やる気に拍車がかかると思います。電卓の叩き方なども参考になるかも。

時間がなくて大変でしょうが、頼れるものにはべったり甘えてしまいましょう。それもこれも合格するためです。遠慮せず合格へ向けて前進しましょう!
Posted by パパチャリ at 2006年10月12日 08:47
コメントありがとうございます。


>ちくりんママさん

綿密…ではないと思うけど、
意気込みがないと続かないキツイ計画ですね〜。
ちょっといろいろあって、1日のスケジュールの記事はまだ先になりそうですが、
時間を無駄にしないように心がけたいです。
もちろん、休憩時間も無駄ではないですよね。
有効な休憩ができたら。



>なっつさん

ホント、突拍子もないことにみまわれると、
絶対に「自分が」やらないといけないことが多すぎて
どうにもならないですよね。
一年みっちりやったって合格できるとは限らない試験なんで、
少なくとも後悔を積み重ねることはしたくないですね。



>パパチャリさん

まだ実家生活継続中です。
最初こっちに帰ってきたときはこんなに滞在が延びる予定ではなかったので、
受講に必要なものを持ってこなかったんですが、
確かに授業を受けてみるとよかった!
ぬかった〜って感じです。

それにしても、電卓の叩き方まで参考になるとは考えてませんでした。
確かに、いろんなとこにテクニックは潜んでいるものですものね。
Posted by みなさまへ…てん@管理人 at 2006年10月13日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。