2007年01月07日

兵馬俑

本日のご訪問ありがとうございます。
管理人てん、長らくお世話になったけど、
実家で過ごす夜はいよいよ今夜まで。
帰りたくないとユウが泣いてたけど、
帰りたくないのは私のほうなのさ。ホントは。



昨日言ってたとおり、今日はお出かけしてきました。
小倉といいましたが、八幡でした。

八幡の博物館に兵馬俑を見に行ったのです。
兵馬俑って言われて、すぐにピンときます?
教養がなく、歴史が苦手な私は「それ何?」って感じでしたが、
(高校では世界史選択だったはずなんだけど)
簡単に言えば、秦の始皇帝の死後を守るために作られたお人形です。

人形といっても、実物大よりは少し大きいかな〜
ってくらいだから結構な大きさです。
おびただしい数作られたのに、
顔が一体一体違ってるし、手相まで彫られてたりして、
そのスケールの大きさはちょっと日本では考えられません。
最近、着色された兵馬俑が見つかって、
それがはじめて中国を出てやってきたのだそうです。
(外貨稼ぎに必死なのかと考える私はイジワル?)
中国でも一般に公開はされてないのだとか。
そういわれると、ちょっとありがたみが増しますね。



でもさ〜、子どもつれて文化的な見学は大変だよね。




幸い、ユウは一緒に行った男の子達についてまわってたんで
私のそばにはいなかったわけなんですが、
ソウはしばらくするとベビーカーには乗っていたくないと騒ぎ、
お土産用のサンプルのちっちゃな兵馬俑風の人形をつかんで投げるし。
首がもげちゃったよ〜がく〜(落胆した顔)
確かに、お土産用のだから大したものではないにせよ、
あたしゃ平謝りだったさ。

うるさいから、ベビーカー預けて抱っこして見学してたら、
そのまま寝た…。
なんでそうなるかな〜。






posted by てん at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 子どもたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした〜
人ごみに子連れってかなり緊張しますよね

しかし、小倉にきてたんですか〜外貨稼ぎですね(笑)
死ぬまでに見たい世界遺産ベスト10にはいる
ような重要文化財です・・羨ましいです
Posted by なっつ at 2007年01月11日 23:13
なっつさん、(* ^ー゚)ノコンニチハ

そうでしょ〜、明らかに外貨稼ぎですよね。
現地で見たら壮観なんだろうなと思いました。
もっとわかるようになって子どもたちにも見せたかったです。
Posted by てん@管理人 at 2007年01月12日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。