2007年02月02日

右左折

本日のご訪問ありがとうございます。
管理人てん、昨日右折するときに、
私の前に右折した車が小学生?の自転車の女の子を
はねてしまったところに遭遇しました。

なんだがコンっていうかゴンっていうか、
そんな音がして、車が止まったまま動かなくなったんで、
私は右折しかけてたんで、途中で停まるわけにもいかず
脇をすり抜けて、すぐにお店の駐車場に停めましたが、
自転車の反射板なんかが散乱してました。

幸い、スピードを出していたわけでなく、
大きなトラックでもなかった(軽自動車)だったので、
女の子は見たところ怪我もなく、
あってもせいぜい擦り傷か、ひどくても打撲少々といったところで、
大事には至りませんでした。


車を運転する人なら、きっと何度かヒヤッとした経験をお持ちでしょう。
もちろん私もそうです。
どうしてなんでしょうね。
本当に見えてない、目に入ってないことってあるんですよね。

昨日のも、私は、あの女の子達がわき道から合流してきたときから
危ないな〜と思っていたのです。
でも、あの軽自動車を運転していた女性(40代かな?)には
全然目に入ってなかったわけで。

ホント、怖いです。
自分の子どもが被害者になることも、
自分が加害者になることも…。
気をつけて運転しないと。



最近、風見しんごさんのお嬢さんが亡くなったばかりなんで、
それなりに意識は高くなってはいましたけど。


でも、あの事件でちょっと気になっていることがありました。
亡くなったのが芸能人の娘だったから、あんな騒ぎになったの?
ってことです。

だって、交差点で子どもが巻き込まれる事故、
他にもたくさんあると思うんです。
もっと日常的にそういう事故が減らせないか、
啓発していかないといけないのではないかと。
たまに騒ぐだけでは、なかなか改善なんてされないのでは…って思います。



正直、マスコミがあんまり騒ぐんで、あのとき、
加害者の運転手が少々気の毒に思えてきました。

誤解されるかもしれませんが、
運転手が不注意で幼い命が失われたことは残念だし、
責任は重大だと思わないという意味ではないんです。

車の運転は私もよくするので、
いつ自分が加害者になるかわからない怖さもあります。

一人の命を奪ってしまい、
どんなに謝っても謝りきれず、責任などとれるわけもない、
ひたすら申し訳なさと後悔にうなだれる日々だろうに、
遺族に責められるのは仕方ないけど、
マスコミと、その向こうの視聴者にまで責められる(ような気分になる)のは
あまりにも気の毒…。
私だったら耐えられないと思って同情してしまいました。
不謹慎かもしれませんが。
posted by てん at 16:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃることすごくよく分かります。
飲酒などで無い限りは、いつ自分がやってしまうか分からない事ですよね。私も毎日運転するので人事じゃないです。まだ事故を起こしたことは無いけど、見えなかった!とドキッとすることはあります。
遺族は本当にかわいそうだけど、ひいてしまった方も気の毒に思うことはあります。
Posted by ちくりんママ at 2007年02月05日 15:04
細い路地なんかは子供の飛び出しにひやっと
することって今まであります。
自分の子供が被害者になるもの自分が加害者に
なるのも車社会では紙一重なんですよね。
肝に銘じて、自分も運転し子供にも注意するように
日ごろから言っておかないといけないって思います。
Posted by なっつ at 2007年02月05日 21:50
ちくりんママさん、(* ^ー゚)ノコンニチハ

飲酒は言語道断ですよね。言い訳の余地ナシ。
本人に直接きいたわけじゃないけど、
高校の同級生が子どもをひいて死なせてしまったらしく、
遺族から、もうこのことは忘れて自分の人生を大事に生きるように言われたそうです。
私はそう言えないと思います。
「返して」とか言っても仕方のないことを言いそう。
でも、普段は忘れがち。
いつも肝に銘じて車に乗らないといけないですね。
Posted by てん@管理人 at 2007年02月06日 00:42
なっつさん、(* ^ー゚)ノコンニチハ

子どもは怖いですよね。意外な動きをしますから。
夢中になると周りは見えないみたいだし。
子どもと一緒にいても、保護者としてヒヤッとすることあります。
おいおい、そこで飛び出すなよみたいな。
車を過剰に怖がるくらいで小さい時は丁度いいと思います。
Posted by てん@管理人 at 2007年02月06日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。