2008年01月16日

郵政民営化って…(怒)

本日のご訪問ありごあとうございます。
そして、今ごろ新年のごあいさつ。
あけましておめでとうございます。
今さらちょっと恥ずかしい。

気づいたら34歳になってしまいました。
歳に見合う落ち着きと、見合わぬ若々しさを同時に持てるといいのですが。



今日、小為替を買いに郵便局に行きました。
戸籍謄本が欲しいけど遠方なので、郵送してもらわないといけなくて。

ご存知の方も多いと思いますが、郵送の場合、役所への手数料は小為替で払います。
戸籍謄本の手数料は450円。
必要な小為替は400円が1枚と50円が1枚。
そして、郵便局に払う手数料は小為替1枚につき100円。


…あれ?高くないかい?


こんなに高かったっけ…と思ってきいてみたら、
郵政民営化で1枚につき10円だったのが100円になったというのです。


10倍かよむかっ(怒り)


窓口のおじさんのせいではないけど、
民営化してサービスが低下するってどういうこと?って
つい言っちゃいました。
おじさん、かなりお叱りを受けているとのこと。
郵便局の窓口の人たち…気の毒


それにしてもさ〜、50円払う為に100円の手数料を取られたのか〜バッド(下向き矢印)

posted by てん at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は銀行の両替手数料が一番きにくわん
自分のお金を機械を使って両替するのに、なぜに銀行が横取りするのか
未だに納得できません
Posted by あい at 2008年01月22日 00:29
あい、いらっしゃいませ(o^∇^o)ノ

両替ね〜。
あんまり利用したことがないからわかんないけど、確かに両替にお金がかかるのはちょっといただけないね。
Posted by てん@管理人 at 2008年01月24日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。