2009年12月27日

フィギュアスケート

毎日忙しく、blogは相変わらず放置でしたが…。


今日、全日本フィギュアで、
ずっと応援してきたゆかりんが
鈴木選手に負けてしまいました。


これでオリンピックには行けなくなってしまったことでしょう。
残念でなりません。


オリンピックは4年にたった1度しかありませんから…。

この1年、ゆかりんは不調でした。

全日本ではいい演技でしたけどね。



一方、鈴木選手は絶好調!

ゆかりんを代表にしたいがために
思わずミスを願ってしまったりもしましたが(>_<)…。
彼女もまた素敵なスケーターで、
特に最後のステップなど、
応援せずにはいられない魅力的な人なんですよね〜。



彼女に負けたなら、ゆかりんが代表になれなくても仕方ない…と納得するしかない。
(でも気持ちの整理がまだできない)



真央ちゃんはやっとらしさをみせてくれて良かった!

キムヨナが普通に滑れば、勝てるのは真央ちゃんだけだからね。
posted by てん at 21:21| Comment(50) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

グラチャン男子 ポーランド戦

なんと

なんと!

なんとっっっ!!


ニッポン男子が
ヨーロッパチャンピオンに


勝ってしまった…(≧∇≦)




これって、相当すごいことですよね。


長いこと男子は低迷してて、
この大会も一勝もできないと決めつけてました。


キレのある思い切りのいいバレーで、
みていて気持ちよかったです。

この調子でさらに勝利を重ねて欲しいな。



最近内職生活でいつも作業してるんで、
ドラマはみれども感想は書けず…。

でも、あんまり素晴らしい試合だったから
思わず携帯からブログ更新してしまった。
posted by てん at 22:27| Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

世界バレーと世界陸上と世界柔道

さて、ネットからしばらく離れていたあいだに
スポーツの世界大会がたてつづけにありました。


バレー

新監督の真鍋さんは、現役時代にけっこうファンだったんです。
一度、博多のホテルでお見かけしたこともあるんですよね。
彼が女子の監督だなんて、なんか妙な感じ。
時の流れを感じます。
男子の植田監督と真鍋監督はチームメイトでしたね。確か。

監督のことばかり書いてしまいましたが…

日本女子、背が高くなりましたね。
以前は、180センチ台の人はそんなにいなかったのに、
今ではセッターとリベロ以外は180センチ超…
って感じになってきてるんですね。

なのに…

日本人の背が高くなったら、
何故か世界はさらに伸びてる〜ふらふら

もともと、バレーは好きなんで、
大会を通じて楽しく見ることができました。

が、世界のトップクラスには善戦はできても
なかなか勝たせてはもらえない。

厳しいです。



陸上

いや〜期待してなかったけど、
女子マラソンの尾崎選手が銀メダルでしたぴかぴか(新しい)
率直にうれしかったです。

が、ラドクリフやヌデレバのいない大会だったし、
全体にもう少し順位が上であって欲しかったのは事実です。

そして、高橋尚子、野口みずきに匹敵する選手は育ってないことは
ハッキリとわかりました。

野口選手もピークを過ぎたことは間違いないでしょうし、
これほどの人材はなかなかあらわれないでしょうね。


そうそう、やり投げで銅メダル!!
感動しました。



柔道

日本女子の活躍はすごかった。
今後も楽しみですね。

特に上野順恵は圧倒的に強かった。

終わったスポーツのことをわざわざ書こうと思ったのも、
上野順恵選手の強さがあまりに衝撃的だったからです。

こんなに強い選手は見たことがないかもしれません
全盛期の谷亮子選手ぐらいかと思いましたが、
それ以上の勝ちっぷりだったように私には見えました。


これほどの人がどうしてオリンピックに出られなかったのか…

同じ階級に谷本歩実選手がいるからです。

谷本歩実選手といえば、
オリンピックで連続の金メダル。

う〜ん、層が厚すぎます。


女子の代表選手はみんなよく頑張ったと思います。


男子は…
不甲斐なかったですねバッド(下向き矢印)

勝負は結果が全てです。

大好きな内柴選手も負けてしまいました。

男子、奮起してね。


それにしても…
篠原監督、デカイなあ。



blogram投票ボタン
応援クリックお願いします。
クリックするとこのブログの成分分析が見れますよ。

posted by てん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

藤永佳子選手、名古屋国際優勝おめでとう!!

徹夜で友達と喋り倒した翌日で、
ほとんど寝ながらみていた名古屋国際。

何度も先頭から離されながらも、
最終的に優勝したのは、藤永佳子選手27歳でした!!!

藤永、もう27歳なんだ〜。
歳をとったわけだよ。

藤永選手、諫早高校時代はまさに敵ナシでした。
全国高校駅伝では彼女の活躍もあって、諫早が本当に強かった。
都道府県駅伝でも一流どころの実業団選手に混じって1区区間賞をとったり、
高校生にして世界選手権の代表になったり、
とにかくすごかったという記憶があります。

陸上で生きて行くなら、実業団に入ったほうが良かったと思うのだけど、
彼女は陸上だけではいけない…と筑波大に入り、
将来は母校の教師になりたいと言っていたような記憶があります。

でも、大学進学後の彼女は、見るたび精彩を欠いていて、
体重も競技者としては随分オーバー気味に見えたし、
大学女子は甘いのかな…って思ってました。
資生堂に入っても大活躍とは言いがたかったし、
彼女は、第一線ではもう活躍できないように思っていました。


あまり知らなかったけど、
随分、故障に悩まされてきたみたいですね〜。


正直、藤永選手は私の応援するチームのライバルのことが多かったし、
応援した時期ってないんですが、
過去、輝いて輝いて、期待されて…
でも期待されたような活躍はできなかった彼女が、
何度も置いていかれながらも先頭に立ったときには涙がでました。


藤永選手も、今日最後に抜かれた新谷選手も、
高校時代に活躍しすぎて有名になりすぎて、
自分の名前や過去が重すぎて、
それを克服するのが大変だったそうです。

彼女らは、高校時代は本当に向かうところ敵ナシだったんだけど、
そのせいで彼女達は苦しんでいたのか…。
頂点に立つっていうことは大変なことなんですね。


同じように高校時代から超有名人の
小林祐梨子選手は、今のところプレッシャーを跳ね返して
大活躍しているように見えます。
彼女にも人知れぬ苦労があるのでしょうね。



藤永選手、今日のところは本当におめでとう!!
ただ、記録はイマイチだし、相手や運にも助けられたと思うので、
これからバッチリ実力をつけて、
世界選手権でぜひ活躍してくださいね。




posted by てん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

信成復活!!

NHK杯、男子シングル優勝者は

織田信成くんでした

おめでとうぴかぴか(新しい)






悪いことをしたので仕方ないとはいえ、
才能のあるスケーターだし、
年齢的にもいい時期に謹慎なのは
本当に残念だと思っていました。

でも、やっと戻ってきてくれましたね。


これからガンガンやって、
世界のトップクラスで争ってほしいです。

今年は世界の強豪達も調子がそんなに良くない気がするので、
日本男子が世界王者になる可能性もそんなに低くはないと思うのです。



女子は日本女子黄金期だと思いますが、
日本男子も黄金期も近いかも…。
高橋選手の復帰を心待ちにしています。



posted by てん at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

NHK杯 女子フリー

1位 浅田真央ちゃん
2位 鈴木明子さん
3位 中野友加里さん

日本人、表彰台独占という結果にぴかぴか(新しい)




続きを読む
posted by てん at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

スポーツ色々

週末、たくさんのスポーツニュースがありましたね。
その中で、特に気になる3点。


@東京国際女子マラソン

ノーマークだった第一生命の尾崎選手が優勝ぴかぴか(新しい)
早い段階で遅れたと思ってたのに、
終わってみればタイムもけっこういい。
年齢的には若手とは言いがたいけど、
選手としての疲労度は低めかなって思うので、
今後に期待したいです。

それにしても、渋井選手は…
「またか」と自分が一番思っているでしょうけど、
前半とばして後半失速のレースは見飽きた。
いつも同じパターンなんだから、
マラソンの素質がないか、レースの組み立てが本人に合ってないか、
練習が間違ってるかのどれか?
今回は記録もそんなに悪くないんだから、
彼女は走れるはずなのにね…。
いや、しかし、今回も優勝候補の筆頭だったんだ。彼女…。



Aフィギュアフランス杯

小塚くん、2位でファイナル出場決定exclamation×2
高橋くんは怪我、織田くんは1試合のみの出場でそもそもファイナル進出はありえない…ということで、
彼だけに期待がかかってたんだけど、
すごい成長ぶりです。
なにしろスケーティングがなめらかで素晴らしい。

浅田真央ちゃんは、同じ2位でも惨敗バッド(下向き矢印)
(2位になって惨敗に見えるところがそもそもすごすぎるけど)
ジャンプがあんなに成功しないんじゃ…。
ずっと課題のルッツの踏み切り、今年も不安を残したままのようですし、
今まで跳んでこなかったサルコウは、
一回転になったうえに転倒と散々な出来。
ショックだっただろうな〜。
みてるだけの私もショックだったもの。
でも、ジャンプ以外は鍛えてきたのがわかりましたけどね。
NHK杯は相手を見ても2位以内は難しくないから、
ファイナルには出れるでしょう。
それまでには調子を上げて欲しいです。



Bオグシオ5連覇で有終の美

オグシオの場合、ビーチバレーの浅尾美和とは違って、
人気もさることながら、実力もナンバーワンだったんですよね。
世界ランクも上のほうだし。
末綱・前田組は残念でした。
かなりの接戦だったから、チャンスはあった。
わずかに及ばなかったですね。

潮田選手がペア解消のことについて言ってましたね。
小椋選手から他の人とペアを組みたいと言われた…ということを。
ま、小椋選手にしてみれば当然ですよね。
一緒にオリンピックを目指してくれない人とペアは組めない。
潮田選手は一応現役続行とのことですが、
オリンピックを目指す気もない、
いつやめるかわからない彼女とペアを組む人は…ちょっと気の毒。



posted by てん at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

そして次の時代へ

先日、エースとして日本体操界を引っ張ってきた
冨田選手が引退を表明しました。


割とイケメンで、クールな印象。
彼にはちょっと侍のような雰囲気があるな〜と思っていました。
そして、常にキレイな演技をみせてくれた選手ですね。
好きな選手でした。


彼が表舞台から去るのは本当に残念です。
ユウもファンでしたしね。


そして、知りませんでしたが、
鹿島選手も引退を表明していたんですね。

長い手足を存分に活かしてクルクルあん馬の上で回っていた選手でした。


彼らの後には、北京オリンピックで一躍有名になった
内村くん、なんとまだ十代、他、若い選手が活躍するんですね。


ひとつの時代は終わりました。
いつか、彼らの育てた選手が世界を狙うようになる日を
楽しみに待ちたいと思います。




また、オグシオと騒がれた、
バドミントンの小椋・潮田ペアも解散ということで。

北京では少々スエマエに話題をさらわれた感はありましたが、
実力も日本で一番、しかもどっちもルックスがいいコンビで、
アイドルにまつりあげられて、いろいろと苦労もあったと思います。

正直な話、潮田選手が芸能界に色気を出してるのはどうかと思うんですが、
彼女の人生は彼女のものですからね。
成功するとは限りませんが。

やはり、本気でロンドンを目指してくれないパートナーとは
一緒にはやって行けませんよね。
新しくいい人がいるといいのですが。

ちなみに、飾りっ気は潮田選手よりありませんが、
小椋選手は美人ですね〜。
潮田選手は、記者会見の時、バッチリメイクでキラキラしてました。



posted by てん at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

スケートアメリカ 女子フリー

ゆかりん、2位おめでとうぴかぴか(新しい)


なかなか調子が上がってこなかったということですが、
現状では最高の結果だったと思うので、
賞賛の拍手を送りたいと思います。

演技の最初から最後まで柔らかな笑顔で魅せてくれましたよね。
本当に指の先まで演技バッチリ!!
美しいです。

松岡修造さんが、観客がスタンディングオベーションとしてると伝えてくれましたが、
このところ、中野選手は観客からかなり高い支持を得られているように思います。

ただし、トリプルアクセルをダブルにおさえ、
トリプル-トリプルのコンビネーションも入れられなかったので、
課題も残しました。
中野選手本人もこの2点に関して言ってましたしね。
是非とも実現して欲しいです。
見たいです!!!

今日は安藤選手もそんなに大きな失敗をしたわけではないのに
フリーで逆転できたというのは大きいと思います。

今、女子はキム・ヨナ選手と浅田真央選手が飛びぬけていて、
ちょっと差が大きすぎると思うのですが、
中野選手には常にその次を行って欲しいと思います。
安藤選手が調子良ければかなりの点数が出ますからね〜。
負けないで欲しいです。

だって、某局の朝の情報番組を見ていて、
小塚くんの優勝は当然としても、女子は安藤美姫選手のことばかり言って、
ついに「中野友加里」の名前は一言も口にされなかったのが腹立たしくて。
報道が偏りすぎてて、不愉快で悔しかったんだもん。




安藤選手は、ジャンプは最初のコンビネーションがダウングレードをとられたものの、
そこそこ跳べてたようでした。
が、スパイラルの時に明らかにバランスを崩すなど、
どうしちゃったのかなって心配するようなミスがありますね。
笑顔のゆかりん、多彩な表現のキム・ヨナさんと比べて、
「演技」という部分ではかなりものたりなくて、
表情は硬いし、滑るのに必死に見えてしまう…。
アナウンサーや解説の荒川さんが言うように調子いいとは思えませんでした。

そして、今回も4回転は封印したまま…。

精神的にも身体的にもベストの彼女が見てみたいんですが。




キム・ヨナ選手の圧勝劇でしたが、
悔しいけどやっぱりキレイです。
スタイルもすごくいいし、ジャンプの質も、表現力も、
なにもかもがいい。



そして、今日も長洲未来ちゃんは良かったです。
順位は落としましたけど、
彼女の時代がきっと来るって思いました。






posted by てん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

フィギュアスケートアメリカ大会

小塚くん、優勝おめでとうグッド(上向き矢印)



続きを読む
posted by てん at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ワンジルについて

オリンピック最終日のことについて述べた時に(→コチラ
ワンジルについて気に入らないと言いましたが、
あの後いくつかの新聞記事をネットで読みましたので追記します。


ワンジルが更なる高みを目指して
練習環境その他もろもろの条件がいいところで走りたいのは当然だと思うんです。
ただ、その場合、自分でその意思を伝えるべきだし、
やり方があまりにも穏やかでない…。

ただ、だからといって、監督である森下広一さんに感謝していないわけでもないようで、
正直言ってこの件はわかりづらい。


そこで、ワンジル選手も自分を育ててくれたという感謝の気持ちと、
もっと強くなりたい、今のままでは物足りないという思いのはざまで
どうしても言い出せず、こういう形になってしまった…
と思っておこうと思いました。


ワンジル選手、おめでとうございます。
初マラソンから本当に強かったけど、
いきなりこんなところにのぼりつめてしまいましたね。


弟子は師匠を超えて行って、恩返しをするものなのかなぁ…。

posted by てん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

オリンピック最終日

見た競技、心に残った選手など。




マラソン

優勝はワンジル選手。
素晴らしい走りだったけど複雑…。
彼がトヨタ自動車九州を退社すると新聞に載ったときはびっくりしました。
真相はわからないけど、
待遇や練習に不満があったとしても、
弁護士を通じていきなり内容証明で退社の意思を伝えてきたってのが
気に入らないじゃないの!!!
だから絶対応援しないって思ってたのに、
ムチャクチャ強いや。
インタビューで何食わぬ顔して森下さん(トヨタ自動車九州監督)のこと言ってたけど、
あの騒動は何だったんだ?
アナウンサーもトヨタ退社のことには触れないし、
まだトヨタ自動車九州所属ではあるのかな。
コトの真相が知りたい〜。

それにしても、あんなレースをされたら、日本人は太刀打ちできないよね。
序盤から高速の展開。
今日のようなレースなら、誰が代表でもダメだっただろうな。

尾方選手、13位…もう少し上にいけた気もします。

佐藤選手、76位…完走したランナー中最下位。
なにか不調があったのでしょうか。
彼は素晴らしい選手なので、また頑張って欲しいです。





新体操 団体決勝

イヤイヤ、本当にすごいな、あの人達。
新体操の個人をみると、
体が柔軟すぎてキレイを通り越して気持ち悪さを感じるけど、
団体は素直に面白くキレイだと思います。





閉会式

私はあまり開会式や閉会式に興味がないので、
大抵はみないのですが、
今日はなんとなくみました。

閉会式、私の個人的意見としては長すぎだと思います。
聖火が消えたとこで終わってたら良かったのに。
正直、あんな『ビバ中国!』みたいなコンサートとかみたくないし、
選手たちは立ちっぱなしでセレモニーをみさせられて…。
閉会式はもっと選手中心の方がよくないかなぁ…?
開会式や閉会式を頑張りすぎると
色々ムダが多くなると思うんですよね。
エコでシンプルで、厳かで、でもアットホームな、
国威発揚のためでなく選手のための、
そんな開会式や閉会式をみてみたいです。
posted by てん at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

オリンピック16日目

見た競技、心に残った選手など。




野球 3位決定戦

また負けた。
最初から金メダルをとれるとは思ってなかったけど、
韓国とかと比べて明らかに気合い不足だった。
WBCのときはイチローが精神的にも引っ張ってたみたいだけど、
そういうリーダーがいなかったのかな。

彼らには風当たりが強いだろうな。
特にG.G.佐藤選手。
今後、汚名返上すべくそれぞれが頑張っていくでしょう。





シンクロ 団体FR

残念でした。日本。
彼女たちの気合いや覚悟は伝わってきましたがね。

私はシンクロのことは全くわからないけれど、
ロシアがFRで満点だったはどうかと思います。
人間が水の中でやってて、最初から最後まで一糸乱れぬ演技なんてムリだと思うんですが。
それ以上に芸術点に満点などというものがあるのがおかしくないですか?

体操競技も前はよく10点満点が出てたけど、
廃止になりましたし。
posted by てん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

オリンピック15日目

見た競技、心に残った選手など。




シンクロ 団体

みていても、いいのか悪いのか全くわからない競技のひとつですが、
とりあえず、中国に負けてます。
ピンチですよね。
中国選手はみんな足がキレイ。
すらりと細く長い。




野球 準決勝

韓国にまた負けました。
WBCのときにもしこたまやられてましたし、
今や韓国に及ばないと言われても仕方ないですね。
本人が一番辛いと思うけど、G.G.佐藤選手…プロなのにバッド(下向き矢印)

野球の代表は、他の競技に比べて甘いんじゃないかと感じました。
それは、他の多くの競技の代表選手がオリンピックを最高の舞台として
死に物狂いでやってくるのに対して、
野球選手はオリンピックのメダルを目標にして競技人生をかけてはいないからではないかと思います。
スポーツ選手ですから負ければ悔しいでしょうが、
気迫とか執念とか、心構えの部分で何か足りない気がして、
それがとても残念でした。




男子400mリレー

やりました!!
銅メダル!!

今回とれなかったら当分チャンスは来ないだろうってくらい、
メダルの期待が高まってましたから、
テレビでみてるだけの気楽な立場のくせに
スタート前なんか、ものすごく緊張してしまいました。

体格的に恵まれないアジアの小国日本。
選手たちの努力を思うと心から拍手を送りたいと思います。





新体操 団体予選

フープ&クラブで5人の演技でした。
私は器械体操の方が好きなんですが、
団体はなかなか面白いと思いました。
競技に対する知識がないので、
採点の基準なんかは全くわかりませんでしたが。
サーカスってこんな感じかなって思いました。

上位国はさすがにキレイですね。
日本もそんなに悪くはなかったと思うんですけどね。
フープが場外に転がるミスが痛かった。

ピッタリ合ってるかといえば、そうでもないと思うんですが。
シンクロには全然かなわない印象です。
シンクロって、水中で音楽も聴きにくいし、動くのも大変なのに、
すごいなぁ。




posted by てん at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

オリンピック14日目

見た競技、心に残った選手など。





サッカー 3位決定戦

世界ランク2位のドイツ相手に10位の日本が、よく頑張っていたんですけどね。
一時でも夢をみさせてくれてありがとう!!
辛かったので、途中でソフトボールをメインに変えちゃいましたが。

女子サッカーの方が世界と戦えてるね。
でも選手たちの置かれてる状況は厳しい。
なんとかサッカーだけやってられるくらいにならないかなぁ。
もちろん、他の競技も。



ソフトボール 決勝

勝ってくれましたね!!
やってくれましたね!!
金メダル、9個目です。(なんか、フェルプスがひとりで8個だから、
それより1個くらい多くとって欲しかった〜)

昨日2試合300球以上を投げぬき、
しかも両方ともタイブレイクで競り合った試合で神経をすり減らし、
心身ともに疲れきっているはずの上野選手が
この試合も完投、1失点で抑えてくれたことがすごすぎる。
これぞ、エース というものではないでしょうか?

アメリカに2回負けても
最後の3回目に勝ったら金メダルでした!
(なんか、WBCを少し思い出したりして)

満塁のピンチもあったのに、難しい局面を何度も乗りきった守備力も素晴らしかったです。

どこかのなんとかジャパンも見習って頑張ってほしいです。




400mリレー

ソフトボールに夢中で見逃してしまい、眠い目こすりながら録画放送を待ってます。
日本男子、メダル圏内の記録で予選通過したみたいですね!!




posted by てん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

オリンピック13日目

見た競技、心に残った選手など。




ソフトボール オーストラリア戦

最終回ツーアウトランナーなし
という場面でホームランを打たれてしまったがために延長に突入。
こういうことがあるんですね〜。
途中でもうみていられなくなってお風呂に入っちゃいました。
でも、出てきてもまだやっていて。
やっぱりみていられなくて、チャンネルかえたりして。
日本の攻撃の途中でチャンネルかえて戻して見たらハイライトをやってました。
つまり、勝ったんだな…とホッとしました。

延長戦はノーアウトランナー2塁から始まるタイブレイクで、
こんなに心臓に悪い、選手の神経をすり減らすやり方はどうかと思うんですけど。

ソフトボールって、野球と同じ感覚でみてしまうけど、
ランナー2塁で、左中間のけっこう深いところに転がったのに
ホームで余裕でアウトになってしまうなんて。
(特にランナーの足が遅かったわけじゃないよね?)
びっくりしたな〜。





男子5000m予選 松宮選手

オリンピックの舞台で靴が脱げてしまうなんて、なんという不運!!!
そういえば、前にそんなことあって「こけちゃいました」って言った人いたけど、
谷口さんの場合、マラソンだったんで、戻って靴を履きなおしましたが、
5000mではそうはいかず、
かわいそうに松宮選手は最後まで片足裸足のまま走り抜きましたよ。
足の裏、大丈夫なのかな?
故障につながったりしないといいけど。
松宮選手、世界の中ではひときわ小さくて、
時々見えなくなってました。
また、あらたなステージで頑張って欲しいです。




男子5000m 竹澤選手

そんなに絶望的にダメってほどでもなかった気もします。
でも、大学駅伝では大スターの竹澤選手でも世界に行くと予選通過もできない。
高すぎる壁が…。
陸上のトラック競技で活躍するのは、黒人選手ばかり。
体の基本が全然違うんだろうな〜。




野球 アメリカ戦

チャンネルかえたらこっちも延長戦だよ〜。
一応、トッププロばかりのはずなのに、
どうしてこんなに打てないのかな。
いや、打てない試合もあって当たり前だと思うけど、
どの試合もどの試合も打線が湿ってて、
ピッチャーがかわいそう。

そう思っていたら、野球もタイブレイクになってしまった。
ノーアウトランナー1・2塁から。
またまた心臓に悪い。
タイブレイクってルール、
時間短縮のためとはいえ、ちょっとイヤ。
負けたからなおさら。





卓球 平野選手

2セット目以外はかなり競ってたんだけど、
残念、負けてしまいました。
勝てない試合ではなかったよね。
今後に期待してます。
相手選手は、近頃めずらしいペンホルダー。
温泉の卓球場は今でもぺンが主流かな(笑)。




卓球 水谷選手

いや〜7セット目、すんごいものをみました
アナウンサーがミラクルと言ってたけど、
確かにミラクルだわ。
そのせいもあってか、途中はけっこう押されてたけど、
7セット目は圧倒的大差で逆転勝利!!!

相手のフランス選手は39歳とのこと。
水谷選手はまだ19歳だったかな、とにかく十代。
年齢、ほとんど倍だね。
それもすごいわ。









posted by てん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

オリンピック12日目

見た競技、心に残った選手など。




体操 種目別

冨田選手、中瀬選手、鶴見選手、お疲れさまでした。
みんな完璧な演技とは言えなかったけど、何かを得てくれたかな。

採点がかわって、日本には不利になったんでしょうね。
高得点をとるには、とにかくA得点をとらなきゃって流れがどんどん加速すると思います。
女子でも新月面やってる時代だし、新しい技も次々にできて、追いつくのは大変でしょうね。
選手の体の負担も大きくなるでしょう。

冨田選手、さすがに次のオリンピックでは姿を見ることはないかな。
好きな選手なんで寂しいです。
でも、次も冨田選手が代表になるような体操界ではいけないと思うし。
新しいパワーがでてこないとね!!

鶴見虹子ちゃん、落下残念でした。
次のオリンピックではリーダー的役割も求められるだろうけど、期待してます。




女子5000m予選

日本選手は3人とも予選落ち。
この種目や10000mで世界と戦うのは難しい。
(そういう意味では、千葉真子さんはすごすぎる)

小林選手は最後まで余力を残してて行ってくれるかな〜、彼女なら1500mを走るスピードもあるし…と思ったけど
やっぱり世界は違う。
陸上競技をみてると世界との違いにため息が出てしまいます。
でも、リレーだと少しだけ戦えるのはなぜかしら。
バトンタッチの技術?





バレー女子 準々決勝

ブラジルにコテンパンにやられましたね。
今はブラジルが世界ランク1位なのか…。
日本も背が高くなりました。
が、世界はもっと高く、あるいはジャンプ力がとにかくすごく、
なんか先行きは明るくないな〜と思ってしまいます。
世界も技術をつけていて、
昔のように新技の開発はもう望めないだろうし。
竹下や高橋が中心の時代は終わりで、
全く新しいチームにならないといけない。
いいセッターがいるといいけど。




野球

チャンネルかえたらもう10-0だったのでもう見なかった。
中国相手なら打つのね。




レスリング

銀と銅、2つメダルとってくれましたね〜。
レスリングって、どっちもポイントがない場合、
審判がどっちのボールをひくかで運命を大きく左右されちゃうのはひどいと思うんだけど。
あれって絶対ルールかえた方がいいと思うな。
posted by てん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

オリンピック11日目

見た競技、心に残った選手など。




野球

1-0でカナダに勝ちましたね!!
点数はホームランの1点のみ。
相変わらず打たないな〜。
ピッチャーはあまり打たれてないのに、
それ以上に打てないからなぁ。




シンクロ ペア

この競技、採点の基準がまるで分からない。
絶対、思い込みや先入観が大きな要素を占めてるはず。
なんとか3位を死守できますように。




男子バレー アメリカ戦

今、死にそうに眠いけど、リアルタイムでやってたのでみてました。
アメリカにはまるで歯が立ちませんが、
少しでも何かを得て帰ってほしいです。




今日はあまりしっかりみてませんでした。
昨日、実家に帰ってる間にとりためたドラマを一晩中みていて、眠〜い。
posted by てん at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

オリンピック10日目

見た競技、心に残った選手など。



女子マラソン

まさか、ルーマニアの、それもシモンでなく、トメスクの方が勝つとは…。
全く無名ではないけど、やっぱり大穴感は否めない。
トメスクが抜け出したとき、周春秀がどうしてついていかないのか不思議だったし、
余裕ありそうなヌデレバが、終盤いつもの鬼のような追撃をしないのが不満でした。
トメスクはよく走りましたよね。

日本選手は残念でした。
土佐選手、早く誰か止めてやってくれって思いました。
ランナーは、どんなになっても止まりたくないと思い、
止めなければ走り続けてしまうもののようです。
中村選手、もうちょっと走れるんじゃないかと思ったんですけど、
前半超スローペースだったり、経験の少ない彼女には難しいレースだったんでしょうね。
彼女もまだ2度目のマラソン。
これからの若い選手なんで、ぜひまっすぐ育って欲しいです。

日本女子のマラソン、オリンピック・世界選手権を通じて
近年にはなかった残念な成績でした。
とっても期待していた種目なだけに落胆しちゃいましたけど、
彼女たちのオリンピックにかけた日々には敬意を表したいです。




卓球 女子3位決定戦

全部みてたわけじゃないんですけど、
以前卓球をやっていたこともあって興味深くみました。
相手が強かったし仕方ないと思います。
福原選手にはひときわ声援が大きかったです。
韓国のダブルスが二人ともカットマンだったのにはびっくりしました。



レスリング 浜口選手

銅メダル、おめでとうございます。
負けて悔しいのかなと思ったけど、
うれしそうにインタビューを受けていてこちらも笑顔になります。




レスリング 伊調選手

さすがの金メダルでした。
危ない試合もありましたけど、きっと勝つって予感ありました。
全くの素人でもそう思うくらいの人なんだと思います。
レスリングの人は、表彰台に晴れやかな顔でのぼっても
顔はあちこちアザができていて、試合の厳しさがうかがえます。




体操 種目別

冨田選手があん馬に、内村選手がゆかに出場して、
二人とも5位でした。
日本選手の演技は本当に美しいと思うのですが、
採点方法が変わったから今後どんどん難易度をあげていかないといけなくなって大変だと思います。
日本のよさが失われないといいのですが。

女子のゆかのチャンピオンはルーマニアのイズバシャ選手!!
着地が全てピタリと吸い付くように決まり、
アメリカの二人をかわして金をかっさらい、私は拍手喝采でした。
私は、女子の体操競技をみるのが好きで、
日本人選手より外国人選手の方がみたいんです。
そして、一番のひいきは、ずっと以前、ロサンゼルスオリンピックのときからルーマニアなんです。
最初に好きになったのは、サボー選手、そして次は女王シリバシュ選手。
今のエースはイズバシャ選手ってことなのかな。
うれしかったです。
そして、アナウンサーがサボー、シリバシュ両名前を言ってくれて
すごくうれしかったです。
マニアックすぎですが。







NHKで、ミスチルのGIFTにあわせて
今までのさまざまなシーンを切り取って見せてくれるときがあって、
それをみると涙がでそうになってしまいます。
アスリートってどうしてこんなにキレイなんでしょうね。

オリンピックは前半に期待種目が集中していて、
この後はどんどん日本選手にとって厳しい種目ばかりになっていくし、
なんだかすでに寂しくなってしまいます。



でも、メダルを獲得できませんでしたが、室伏選手がインタビューで、
4年間やってきたことが1時間で終わる、4年間を凝縮した1時間だ…
というようなことを言っていました。
そういう、今見えるものの向こう側にあるものを少しでも感じられるように
競技をみていきたいです。




posted by てん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

オリンピック9日目

見た競技、心に残った選手など。




陸上競技

ほとんどは日本人が太刀打ちできない次元ですね。
女子100m、400mをみたら、日本人選手と外国人選手は明らかに体から違う。
日本人選手は細いです。




陸上男子100m

9秒69ってとんでもない記録なのに、最後まで全力で走ってはいませんでしたよね。
ホントなら何秒で走れたんだ?




卓球男子準決勝 ドイツ戦

惜しい。
あまりにも惜しい。
格上相手に2勝2敗、最後の対戦がフルセット…
ここまで追い詰めたけど、最後の最後に地力の差が出たかな〜。
女子は少ししかみてないけど、こちらもすごい試合だったみたいですね。
男女とも、3位決定トーナメントでの健闘を祈ります。




女子レスリング

吉田選手、金メダルおめでとうございます。
北島選手と吉田選手だけは金メダルはかたいと思ってましたが、
本当に鮮やかにやってくれた。
むちゃくちゃ練習したんだろうなぁ…。

伊調選手、銀メダルおめでとうございます。
苦しい試合続きでした。
でも粘って粘って、いい試合をみせてもらいました。




野球 韓国戦

韓国には勝って欲しかった。
打線の援護がなく、ピッチャーが気の毒。
posted by てん at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。